ニュース

2019.08.25

2019年後半 英国版これから登場予定のニューモデル 一挙ご紹介 12月分 前編

編集部より

今年も半ばを過ぎましたが、英国市場ではニューモデルの登場が続きます。日本でもお馴染みのモデルから、あまり聞いたことのないようなモデルまでご紹介する12月デビュー分前編です。実感するのはいま自動車業界が直面する大きな変化でしょうか。

もくじ

BMW 2シリーズ・グランクーペ
ボルクヴァルト
ホンダe
キア・ソウルEV
メルセデス・ベンツGLB

BMW 2シリーズ・グランクーペ

1シリーズの後に続くのは、新世代の2シリーズになる。通常の2ドアクーペとカブリオレに加え、メルセデスの新型CLAとアウディA3サルーンに対抗すべく、4ドアクーペモデルも登場する予定だ。

ホイールベースの延長によりキャビンスペースは拡大しているものの、スパイショットからは依然として特徴的な傾斜したルーフラインが採用されていることが分かる。

エンジンはお馴染みの3気筒と4気筒ガソリンターボがラインナップされ、新たに登場するM2がトップモデルとなるだろう。

ボルクヴァルト

初めてボルクヴァルト復活の計画を耳にしたのは2015年のことだった。このドイツメーカーは破産申請のあと、1961年を境に休眠状態に陥っていたものの、中国企業がブランドの権利を買い取り、アウディのライバルとなるべくその名を復活させたのだ。

昨年末には英国とアイルランドへの車両輸出の計画も明らかとなっている。つまり、Q3同等のボディサイズをしたBX5と、Q5ほどのサイズを持つBX7という2台のSUVを、数カ月以内に目にすることになるということだ。

ボルクヴァルトでは、一風変わった存在でありながら、ライバルモデルよりも安価なプライスタグを掲げた魅力ある存在になることを狙っている。

 
最新海外ニュース