【内装も撮影】新型シボレー・コルベット 日本予定価格/納期/エンジンルーム 東京オートサロン2020

2020.01.11

100字サマリー

新型コルベットの日本向け予定価格が発表。東京オートサロンの会場で、実車を撮影してきました。日本仕様は右ハンです。

もくじ

初のミドシップ
内装は? 2LT/3LT
納車 2021年春以降

初のミドシップ

新型シボレー・コルベット(C8)が、東京オートサロン2020で日本初公開された。同時に予約受付が始まり、日本向けの「予定価格」が発表された。

8世代目となる新型は、これまでのFRレイアウトからミドシップに変わり、日本仕様はブランド初となる右ハンドル仕様を導入する。

新型シボレー・コルベット、東京オートサロン2020展示車
新型シボレー・コルベット、東京オートサロン2020展示車

「2LT」「3LT」の2種が用意され、いずれも6.2L V8 OHVエンジン、パドルシフト付き8速デュアルクラッチ・トランスミッションを搭載。

高性能を追求した「Z51パフォーマンス・パッケージ」が標準装備されるほか、フロントカーブビュー・パーキングカメラ、HDリアビューカメラ&リアパークアシストなどの運転支援機能が充実している。

内装は? 2LT/3LT

「2LT」は、GT2バケット・シートが装備される。

「3LT」の標準装備には内外装ともにカーボンパーツが採用され、シートはホールド性を高めたコンペティションスポーツ・バケットシートを装備。

新型シボレー・コルベット、東京オートサロン2020展示車
新型シボレー・コルベット、東京オートサロン2020展示車

さらにエンジン・アピアランス・パッケージやカラード・ブレーキキャリパーなどが追加される。

予定価格は「2LT」が1180万円、「3LT」が1400万円。なお、車両価格は仕様変更にともない変更される可能性がある。

納車 2021年春以降

東京オートサロン2020では、米国仕様の左ハンドル、ボディカラー「ゼウス・ブロンズ・メタリック」の新型コルベットが展示されている。

受付番号の早い順から優先的に工場へ発注することとなるが、最終的に注文した仕様などによって納期は前後する。

新型シボレー・コルベット、東京オートサロン2020展示車
新型シボレー・コルベット、東京オートサロン2020展示車

デリバリーは2021年春以降となる予定だ。

 
最新海外ニュース