国内ニュース

2018.06.10

5月の「軽」販売 トップはどこ? 「2018年5月に売れた日本車」

編集部より

5月の国産メーカー新車販売について、恒例のクイズ! 軽自動車の販売は、トップがダイハツから入れ替わりました。どのメーカーか、お分かりになりますか? 販売台数ランキングをレポート。

Q:軽自動車カテゴリーで、5月にトップに立ったブランドは?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

A:速報値でスズキがトップ

スズキが前年同月比4.7%増(4万3797台:速報値)を達成して8カ月ぶりの首位を獲得。プラスは2カ月連続。

それまでトップに君臨していたダイハツは同8.8%減(4万2305台)と5カ月ぶりの前年割れだった。ちなみに、新型N-BOXの販売が絶好調なホンダは同13.0%増(2万5810台)と4カ月連続でのプラスを記録した。

5月の新車販売 2カ月ぶりに前年割れ

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた2018年5月の全体での国内新車販売台数は、前年同月比0.2%減の37万1857台と2カ月ぶりに前年実績を下回った。カテゴリー別では、
・登録車:同0.6%減の23万6023台(2カ月ぶりにマイナス)
・軽自動車:同0.6%増の13万5834台(2カ月連続で前年超え)
を記録した。

市場の動きに関して業界団体の関係者は、「5月の新車販売は、軽自動車が好調をキープしたものの、登録車の販売が落ち込んだために2カ月ぶりにマイナスに転じた。登録車においては、マツダが前年同月比27.1%増(1万2902台)、スズキが同20.0%増(1万292台)、レクサスが同56.6%増(4116台)、三菱自動車が同31.2%増(2975台)と、新型車効果で2桁増を達成したものの、新型車効果が一巡したトヨタは同8.1%減(10万3611台)、完成検査不正問題に加えて燃費および排出ガスのデータの書き換えが発覚したスバルは同39.7%の大幅減(6537台)と、販売成績を大きく落とした。一方で軽自動車については、新型スペーシアなどの販売が伸びたスズキが同4.7%増(4万3797台)を記録して8カ月ぶりの首位を獲得。それまでトップに君臨していたダイハツは同8.8%減(4万2305台)と5カ月ぶりの前年割れだったものの、新型N-BOXの販売が絶好調なホンダは同13.0%増(2万5810台)と4カ月連続での前年超えを達成した」と解説。

今後の展開については、「日産は着実に完成検査不正問題の影響から脱却しつつある。一方でさらなるデータ改ざんも発覚したスバルは、ブランドイメージの悪化が今後も続きそう。市場全体としての需要は、総務省の “消費に弱さが見られる” という発表の通り、やや弱含み。ただし、軽自動車を中心に底堅さはある。また、ボーナス商戦に向けて受注を伸ばしそうな新型車が各メーカーから随時発売される見込みなので、これらがどれくらい成績を伸ばすかが注目ポイントになるだろう。一方、アメリカ発の国際貿易体制の変化や中東の緊迫化による原油価格の高止まり、それに伴う株価および円高の乱高下などによって市場の消費意欲がどうなるかは不安要素」と分析した。
 

next page5月「販売台数ランキング」 1万台超えは3モデルのみ

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ