「リアシート」での時間はLSを超える レクサスLM 350hへ英国試乗 不足気味のトルク

公開 : 2024.02.05 19:05  更新 : 2024.03.05 14:05

レクサスのワンボックス、LMが英国へ上陸 感心するほど充実装備のラウンジシート 余裕を持って動かせるトルクは得られない 英国編集部が評価

英国では200件を超える申し込み

新しいレクサスLMを見て、英国価格が11万2995ポンド(約2102万円)もするのにワンボックス・ボディなことへ疑問をお感じなら、もしかすると「超」が付く富裕層ではないからかもしれない。これまでの考えを、改めさせるモデルだ。

地上移動がベストな場合を除いて、大富豪はもっぱらプライベートジェットで目的地を目指す。その機内は、隅々まで最高水準の豪奢さで仕立てられている。こんな人は、自分のためだけに使える時間が貴重で、特に大切にしているものの1つだったりする。

レクサスLM 350h(英国仕様)
レクサスLM 350h(英国仕様)

クルマで移動する場合も、その車中でどのように過ごせるのかが、体験の最重要項目になる。見た目や運転の質感より、遥かに重んじられるはず。

そんな時、ルーフラインの低いサルーンより、もっと簡単に乗り降りできるボディの方が良いと考えても不思議ではない。心の底からリラックスできる、豊かな車内空間を欲したとしても当然だろう。

サイドウインドウはブラインドで閉じれ、運転席側と空間を仕切るキャビンディバイダーも欲しい。プライベートジェットのガルフストリームのような、豪華なシートとテーブルも必要。それ以上のデジタル技術が実装されていれば、なお良い。

2023年にレクサスはLMの受注を開始したが、既に英国では200件を超える申し込みがあり、保証金が支払われたそうだ。超富裕層のご希望へ、しっかり応えたことを示唆している。

感心するほど充実装備のラウンジシート

今回英国へ導入されたLMは、2代目。アルファードの姉妹車ではあるが、レクサスの高級への腐心ぶりは初代より増している。それは内装だけでなく、基礎骨格を乗用車と共有し、前後に独立懸架式サスペンションを備えるプラットフォームにも現れている。

LMでは、アルファード以上にシャシーを強化。サスペンションは乗り心地を改善するため専用のチューニングを受け、防音処理も入念に施されたという。

レクサスLM 350h(英国仕様)
レクサスLM 350h(英国仕様)

英国仕様で選べるエンジンは1択。トヨタ方式のハイブリッドが組まれた、2.5L 4気筒自然吸気のみで、システム総合の最高出力は250psがうたわれる。基本的に前輪駆動だが、四輪駆動を選ぶと、リアアクスル用に駆動用モーターが追加される。

キャビンのレイアウトは2種類から選択でき、ミニバンのような7シーターのほか、キャビンディバイダーが組まれる4シーターも指定可能。この後席には、感心するほど充実装備のラウンジシートが設えられ、背もたれは好きなだけリクライニングできる。

確かに、メルセデス・ベンツSクラスの後席、「スリーピングシート」は快適だと思う。だが、LMはほぼフルフラットにできる。ただし、安全面などの理由で走行中は推奨されていない。背もたれは少し起きていた方が、実際は快適でもある。

巨大なボディサイズとワンボックス・フォルムのおかげで、空間は広大。筆者の身長は約190cmあるが、足元の空間がもっと必要だと感じることは、微塵もなかった。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事