シビック・タイプR vs MX-5 vs クリオRS 220

公開 : 2015.10.13 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

バランスの高さ、方向転換の素早さは高評価のポイントとなる。ボディの動きはコントロールしやすく、これだけならばシビックに優っているということもできる。

もしクリオにマニュアル・ギアボックスが組み合わされていれば、私はシビックよりも高得点を与えたかもしれない。ほんの僅かな楽しさの差でシビックが優勢となった。

ここからはMX-5とシビックの一騎打ち。

一般道におけるMX-5は他2台に比べてパワーが劣っているものの、アジリティとレスポンスではまったく劣っていないことがわかる。

純粋に楽しいと感じられるのは、ギアボックスによる影響も大きい。ギアレバーはひと押しでゲートに吸いこまれ、3台中唯一の自然吸気エンジンは軽やかに吹けあがる。決して速くはないが、元気の良さは人一倍なのだ。

サーキットでは、もっともすばしっこいクルマであることがわかった。さすがにケータハムとまではいかないうえ、何人かのテスターはクイックすぎると評価したが、車格にそぐう敏捷性だといえる。

MX-5に乗ったあとにGT86に乗るとどっしりとしているように感じられるかもしれないが、コントロールのしやすさでいうとMX-5に軍配があがる。

繊細でありながら神経質なところがない。舵角が大きくなったとしてもステア・フィールは常にナチュラル。マイルドなオーバステアとともに、侵入から脱出までなめらかだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事