ポルシェ911カレラ / 911タルガ4 GTS

公開 : 2016.01.05 23:40  更新 : 2017.05.29 19:04

■どんなクルマ?

ポルシェの991型911にビッグ・マイナーチェンジが実施され、カレラ系の各車に搭載される水平対向6気筒エンジンが、これまでの自然吸気からツイン・ターボへと、まさに歴史的な変革を遂げた。排気量を縮小し、そのハンデを過給器によって補うという手法は、動力性能とともに環境性能をさらに高めるために、現在では一般的となったもの。ポルシェもまた、その例外ではなかったというわけだ。

ツイン・ターボ化された新型911カレラ・シリーズの走りに関しては、すでに昨年レポートしているとおりだ。3ℓへと排気量は縮小されたものの、ツイン・ターボのシステムを得た水平対向6気筒エンジンは、そのパワー&トルクのキャラクターも、そしてまたターボ・ラグをほとんど感じさせないレスポンスの良さでも、ドライブ前の不安を一掃してくれるほどに魅力的な仕上がりだった。だがここで改めて注目したいのは、これから中古車としてよりリーズナブルに購入することが可能となる、自然吸気時代の最後を飾るモデル達だ。今回はその幅広いラインナップの中から、最もベーシックなモデルとなる「911カレラ」の7速MT仕様、そしてこちらは今後の進化の方向性がアナウンスされていないGTSから、「911タルガ4GTS」の7速PDK仕様をチョイスして、その魅力を再確認してみることにした。

911カレラに搭載されるエンジンは、3.4ℓの排気量が設定された水平対向6気筒。350psの最高出力と390Nmの最大トルクは、ポルシェ911のラインナップでは最も控えめな数字となるが、1410kgのウエイトを負担するにはまずは十分なスペックといえるだろう。試乗車にはオプションで、PASM=ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステムやスポーツクロノパッケージ、そしてLEDヘッドライト等々が装備されていた。

一方の911タルガ4GTSには、430psの最高出力と440Nmの最大トルクを誇る、3.8ℓ版水平対向6気筒エンジンが搭載される。これは最高出力では911カレラSに対して30psのエクストラ。逆に911GT3に対しては45psほど控えめな数字になる。ポルシェが991型911でタルガを追加設定した時、誰もがその斬新なトップのシステムに圧倒された。それによってワイドなセンター・ピラーを持つ、クラシカルな911タルガのスタイルが現代に再現されたことは、ファンにとっては大きな喜びだったに違いない。ちなみにこのGTSではさらに、専用のセンターロック式20インチ径ホイールや、フロント・バンパー・スポイラー、リア・エア・インテークなどが採用され、同時にリア・フェンダーもさらにワイド化されたため、エクステリアからはタルガ・ボディの優雅さとともにマッシブな印象を強く受ける。
 

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事