フェラーリ488 GTB

公開 : 2016.04.18 23:40  更新 : 2017.05.29 18:52

だから、ある程度以上の順応性を必要とされるのも不思議ではない。488は単に速く走ろうとするクルマではなく、時空をも飛び越えようとしているのだろうと思う。重心高の低さ、賢いデフもそう感じさせる立役者だ。

スピードが高まるほどに、この熱狂からどうにも抜けだせなくなる。英国の最悪の道でも問題なしだ。ふと、去年458を乗ったことを思いだしたが、その直後に “高らかにエンジンが回る必要はなくなった” とさえ思った。

488 GTBが搭載するエンジンは、お金で買えるクルマのなかでもっとも気持ちのいいV8ターボだ。回転上昇に躊躇しない。フラット-プレーン・クランクのキャラクターもしっかりと残されている。

レッド・ゾーンに差し掛かるその瞬間まで、熱烈に回り、恐ろしいほどのパワーをもたらす。銘機である。

■「買い」か?

当然買い。もう少し乗り心地がよく、鷹揚なステア・フィールをもちあわせたスーパーカーもあるにはあるが、488ほどのバイタリティは、他では実現不可能だ。

ポルシェマクラーレンと比べると、インテリアは必要以上に派手ではあるが、あたらしいシャシーとパワートレインを味わうと、そんなこともまるで気にならなくなる。


フェラーリ488 GTB 3.9 T

価格 £183,964(2,820万円)
最高速度 330km/h
0-100km/h加速 3.0秒
燃費 8.8km/ℓ
CO2排出量 260g/km
乾燥重量 1475kg
エンジン V型8気筒3902ccツイン・ターボ
最高出力 670ps/6200-8000rpm
最大トルク 77.6kg-m/3000rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ


▶ 海外初試乗 / フェラーリ488GTB
▶ 海外初試乗 / フェラーリ488スパイダー
▶ 徹底解説 / フェラーリ488GTB

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×