有力な小型車9台を比較 日本からも日産/スズキが勝負(中編)

公開 : 2017.07.30 11:40

有力な小型車9台のなかから、予選を勝ち残ったクルマを戦わせます。優勝筆頭候補の評価がふるわなかったり、盲点だったモデルが奮闘したり。時間はあまりにも早く移ろいます。

勝ち抜いた4台 混戦を極める

予選を勝ち抜いたのは4台。ウィルトシャーをのべ数百マイル走って、1日がかりでコンパクトカーの頂点を決める決勝ラウンドの開始だ。

偶然にも、ニューモデルと定番モデルが2台ずつという内訳になったわけだが、新しいことが必ずしもいいとは限らない。

新型のフォード・フィエスタ・エコブースト100とセアト・イビーザ1.0T115に対するのは、魅力の衰えない2台、ミニ・ワンとマツダ2 1.5 115(日本名:デミオ)である。

前日の予選で取ったメモを見る限り、ミニが予選ラウンドの混戦を勝ち抜いたのは当然の流れだと思える。

そこには「これはその最大の長所において、ミニらしいと言えるだろう。主流のコンパクトカーと同等の価格帯ながら、ルックスやフィーリングはずっとスペシャルなのだ」と書いた。マツダの方はもう少し簡潔だ。「いまだに走りはすばらしい」

フォードとセアトの順位を予想するのは、ノートを繰るだけでは難しい。ここに引用するには多すぎるくらい要素があり、そこには称賛の言葉も含まれる。

ともかく、比較テストではっきりするだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事