フォルクスワーゲン・アトラス 7人乗りSUVで北米復権できる? 試乗

公開 : 2017.08.10 11:40

フォルクスワーゲンのアメリカ復帰は、新しい7シーターSUVからスタート。ボディサイズや実用性、6年間の新車保証など充実した内容は、アメリカのユーザーが抱くブランドへの疑心を払拭できるでしょうか?

■もくじ

どんなクルマ?
アトラス 2014年以来の7人乗りSUV

どんな感じ?
アトラスのサイズ トゥアレグと比較
7座の室内、居住性は? 燃費も検証
乗り心地はアメリカン ただし静か

「買い」か?
アメリカならば買い ディーゼル復活望む

■どんなクルマ?

アトラス 2014年以来の7人乗りSUV

アメリカというビックマーケットへの再挑戦に向けて、フォルクスワーゲンが準備したのが、フォード・エクスプローラーやホンダ・パイロットなどがライバルとなる、3列シートのSUV「アトラス」。

フォルクスワーゲンは、ダッジ・グランド・キャラバンに似たルータンを2014年に販売終了して以降、アメリカでは7シーターのモデルを販売してこなかった。

アトラスは2013年のデトロイト・モーターショーで発表されたコンセプトカー「クロスブルー」の市販モデルとなる。

中国でも販売はされているものの、本来はミドルサイズSUVとして、アメリカのファミリー層に向けてデザインされたモデルだ。

フォルクスワーゲンが新たに増築したテネシー州の工場で、パサートと共に生産されている。

このアトラスは、フォルクスワーゲンが世界共通で展開する柔軟なボディアーキテクチャ「MQB」をベースにしたモデルの中で、ボディサイズは最大。

フォルクスワーゲンの電気自動車プロジェクト「I.D. コンセプト」が本格始動するまで、大食漢のV6ガソリンエンジンを搭載したフルサイズSUVに、ディーゼルエンジンの偽装問題からの再出発を任されているというのは、皮肉なものだ。

 
最新試乗記

人気記事