ロードテスト(3) マクラーレン720S ★★★★★★★★★★

2017.08.13

インテリア ★★★★★★★★☆☆

このロードテストでは語るべきことが多いので、インテリアの話に多くを割く気はない。

650Sより明らかに改善されたのは乗り込む瞬間にわかり、使い始める瞬間までそう思う、とでもいえば十分、かもしれない。

まず何より、これまでのいかなる市販マクラーレンよりも乗り降りしやすい。モノケージIIの低いサイドシルや広いドア開口部の恩恵もあるが、最大の要因はルーフの切り欠き。このおかげで、リンボーダンスさながらキャビンに潜り込む必要がなくなった。

乗り込んでしまえば、全ては上々。ドライビングポジションは極めてストレートで、ブレーキペダルは理想通りセンターにあり、試乗車に装備されていたオプションのスポーツシートはシートバックが固定式だが、腰をしっかり押し付けて座れば長距離を乗っても快適だ。

そうしても、ステアリングコラムは前後上下とも調整幅が広いので、ステアリングホイールに手が届かない心配はない。リムはフラットボトム部を除けばほぼ円に近く、サイズは完璧だ。


計器盤は全てデジタル表示の新型で、格納機能を備えるが、いささか無駄なギミックに感じられるそれは、このクルマ最大の欠点かもしれない。

インフォテイメントシステムは、これまで使われていた古いIRISシステムよりは年次なりの進歩を遂げ、フェラーリやランボルギーニのそれよりははるかにデキがいいものの、もっと直観的にできたとも思える。

ダッシュボード上のディスプレーで各部のモードを設定するアクティブ・ダイナミクス・パネルはよくできているが、操作は相変わらず複雑に過ぎる。

タイヤ空気圧の警告機能も備わるが、トラックモードでは、よほど低下しない限り、走行中のアラート音は鳴らない。ESCはオフにすることを好まず、ノーズリフトさえあらかじめ注意深く計算しておく必要がある。こうしたエルゴノミクス面が、720S一番の心配の種だ。

 
最新試乗記

人気記事