ロードテスト(3) マクラーレン720S ★★★★★★★★★★

2017.08.13

AUTOCARの結論 ★★★★★★★★★★


「あまりにも完璧で、
 ライバルを圧倒するほど刺激的。
 何より、途轍もなく速い」

720Sは、われわれのロードテストの標準的な物差しをことごとく無視するクルマだった。

ゼロスタートから3秒かからずに97km/hへ達し、1マイル以内で300km/hを突破。113km/hからのブレーキングでは40m以下で停止し、ドライサーキットでのラップタイムは、コンマ数秒ながら記録を更新した。

まったく途轍もないクルマで、その速さをはじめとする能力は前代未聞のレベルにある。昔ながらの意味合いでなら、喜んで「スーパーカー」と呼べる類のクルマだ。

そして、その言葉の意味するところが、今日でも少しも変わっていないなら、やはりそう呼ぶにふさわしい。

720Sのクラス水準を超えるパフォーマンスは、ライバルより素直で、進歩的ながらも扱いやすくマイルドな乗り心地とハンドリングといった、公道上での能力の広さと優れた使いやすさに、従来のいかなるマクラーレンをも凌ぐサーキットでの限界時でも寛大なハンドリングが加わって生まれるものだ。

ここで、ひとつの結論が導き出される。スーパーカー・クラスにおける、フェラーリ488GTBの治世は終わった。驚くべき幕切れだ。Bの治世は終わった。驚くべき幕切れだ。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

もしもトラック・モードに設定してエンジンをかければ、720Sは軍隊のセレモニーで打ち鳴らされる号砲のようなサウンドを轟かせる。個人的にはたまらなく好きだ。

マット・プライヤー

ラゲッジコンパートメントの開閉に、安全装置的なキャッチはいらない。ボタンを押したら開いてくれればそれでいい。

オプション追加のアドバイス

そのままでも最高だが、軽量化のために高価なカーボン製パーツを取り付けるか否か悩む余地はある。日常遣いを考えれば、ノーズリフト代の£2,070と、360°パーキングカメラ代の£2,480は支払う方が賢明だ。

改善してほしいポイント

・インフォテイメントシステムの改善を。あと、おもちゃっぽい格納式ドライバーズディスプレーはなくして、固定式のメーターパネルにしてほしい

・エンジンのサウンドを、そのパフォーマンスと同じくらい気分を盛り上げるものにしてほしい

・ブレーキペダルのフィール改善を。制動力は申し分ないが、ペダルにはわずかながら遊びがある。

 
最新試乗記

人気記事