「生ける伝説」 BMW 3.0CSL vs M3 CSL 当時の時代背景を学ぶ(後編)

公開 : 2017.08.17 17:10

【後編】BMW 3.0CSLとM3 CSL。後編では、どちらがいいか決着をつけます。刺激的な2台の勝者は?

■もくじ

前編
ライトウエイトファンタジー
BMW、過去の過ち ライバルとの戦い
いよいよエンジンを始動してみよう
乗り心地 運転のしやすさは?
気づけば鳥肌が立っている

後編
M3 CSL 乗りこんでみると……
M3 CSL 気になるところだらけ
強化は、なんのためなのか?
シャシーのカリスマ的魅力
3.0CSLとM3 CSL どっち?

M3 CSL 乗りこんでみると……

今のMディビジョンのクルマはV8モデルと、ターボチャージャーによる加給が施される6気筒モデルを搭載しているが、このクルマはBMWの究極の自然吸気6気筒S54 B32HPを搭載している。レースのために開発された関連モデルのバットモービルとはまったく別なのだ。

E9 CSLの外観が、鎧を纏ったジャンヌダルク、すなわち、激戦のための装いをした両性具有的な筋肉質の美女だとすれば、エリック・ゴプレンとクリス・バングルがデザインしたE46クーペにハンス=ブルーノ・スタークの官能的曲線をあしらったこのクルマは、水着を着たハイディ・クルムのようだ。

E9のインテリアが軽量構造をビニールトリムで覆い隠して大人しげにみせているのに対して、E46のインテリアはレーシングカーらしさを前面に打ち出している。

E46のそうした企みは明白であり、そのモータースポーツ志向の装備は、21世紀になって実現したBMWのF1進出を予感させる。

特に、アルカンターラでトリムされた太めのステアリングホイール、シフトパドル、露出したボルトヘッド、パッドの薄いハイバックのフロントバケットシート、カーボンファイバー製のセンターコンソールやドアカードなどが目を引く。

ドライビングポジションは優秀だが、オートクラッチSMG IIボックスから突き出た、ずんぐりしたギアスティックの、周囲に似合わないきらめきを別にすれば、コクピットはやや陰気で、暗く寛げない。

短時間、のんびりムードでクルマを走らせてみたが、M3 CSLはどうも落ち着かないクルマだと感じる。

 
最新試乗記

人気記事