アウディTT RS プラス・クーペを発売

2013.02.12

アウディ ジャパンは、アウディTT RSクーペの一部装備、仕様を変更し、TT RS プラス・クーペとして本日より発売を開始した。

今回最大のセールス・ポイントは、ハイパワー化。直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボ・エンジンは、TT RSに比べて最高出力が20hp引き上げられ360hpに、最大トルクが15Nm高められ465Nmとなった。これに7速Sトロニックトランスミッションとクワトロ ・フルタイム4WDシステムが組み合わせられる。0-100km/h加速タイムは0.2秒短縮され4.1秒になったが、燃費は従来同様に10.0km/ℓのまま。

インテリアでは、Bluetooth対応で、スマートフォンとの連携機能を追加したDSRC(ITSスポット)対応のSDナビゲーションを採用。マルチファンクション・ステアリングホイールからのオーディオコントロールが可能となった。また、MP3やWMAフォーマットへ対応、USBスロットやRCAインプットを備え、様々な機器と接続ができる。さらに、ETCを拡張した機能を持つDSRCを装備し、道路上の情報提供サービス(道路交通情報、安全運転支援)などを受けることが可能となった。

エクステリアは、ハイグロス・ブラック・ダイヤモンド・デザインのグリルとマット・アルミニウムのフレームを組み合わせたシングル・フレーム・グリル、カーボンのアウターを用いたエクステリアミラー、リヤ・ディフューザー・インサートとオーバル形状の大口径のスポーツエグゾーストを組み合せなどといった専用デサインを採用。足下にはチタン・ルックの19インチ5アームローターデザイン アルミホイールと255/35R19サイズのタイヤを標準装備。オプションとして、スポーク部はブラックで、リムがレッドにペイントされた同デザインの19インチアルミホイールを用意している。

右ハンドル、左ハンドルの両方の用意があり、価格は8,900,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事