「漆黒への回帰」 マクラーレンP1、デビューから5年 いま乗ると?

公開 : 2018.02.03 11:40

P1がV型12気筒を載せていたら

ポルシェ911GT3 RSのように、運転に必要な物はただ目の前にあり、示され、P1を体で感じる機会を与えてくれる。試せ、咆哮を引き出せと。そして、実のところわたしはこの間隔に酔いしれている。

P1が味わわせてくれるものを徹底的に吟味した結果、あなたもP1をひょっとするとアヴェンタドール以上に気に入るかもしれない。たとえそれが走りそのものからというより、いかに玉成されたかという点からであったとしてもだ。

アヴェンタドールとは違って、運転姿勢や操作系は不快には感じられない。車体はより軽く(実際そうだ)小さく、乗り心地は快適に整い、繊細かつ親しみやすい操舵感を持ち、ブレーキはとびきり強力だ。

足取りは軽く、理不尽なまでに速く敏捷だし、リニアで予測もしやすいところに技術者たちの真価が現れている。単に途方もなく速いだけの弩級カーではない。史上空前の偉大なるドライバーズカーの1台なのだ。

今なお全く新しく感じられるクルマだが、すぐに空前絶後の名車になるだろう。価格は今やマクラーレンが当初予定した86万6000ポンド(約1億3188万円)の2倍を超えているのだ。

興味深いことである。

マクラーレンF1よりもまだかなり値は低いのだが、オークション価格でクルマの歴史上の位置づけが決まるわけではないし、そのF1も、ランボルギーニも、偉大なフェラーリいずれもわれわれみんなになにがしかの影響を与えているではないか?

パリー・ウィリアムズはこうも言う。「わたしも、腹の底まで興奮させるという点では、ターボエンジンは自然吸気には敵わないと思っています。でもね、これって古い考えなのかもしれませんね」

ひょっとしてもう、われわれのような人間は、死に絶えようとしているのか?

「でもどの道、化石燃料で動くエンジンが造れなくなるということに直面しなければならないという現実かあります。これはもう変えられないことでしょう? それでもわれわれはよく知り愛してきたクルマと同じくらいひとを引きつけるクルマを造らねばならないのです」

「それがわれわれの挑戦です」

マクラーレンP1が自然吸気V12をポンと乗せたらもっと良くなったのか? そうかもしれない。でもそれはもはやP1ではないし、ラ フェラーリや918スパイダーそしてP1のようなクルマのおかげで見られる、進むに値する未来は決して映し出さなかっただろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事