試乗 1.6ディーゼルのホンダ・シビック バランスが魅力 ガソリンも捨てがたく

公開 : 2018.01.31 23:40  更新 : 2018.02.01 08:23

ディーゼルのホンダ・シビック。日本で買うことはできませんが、興味があるかた、いらっしゃるでしょう。今回の試乗車は1.6i-DTEC。ガソリンも捨てがたいといいます。

もくじ

どんなクルマ?
シビック、設立以来最大の開発プロジェクト
シビック新型 先代からの改善ポイント

どんな感じ?
安定感と高バランスがシビック新型の長所
ハンドリングも良 内装、そつがない

「買い」か?
「たいへんお値打ち」 ただガソリンも魅力

スペック
ホンダ・シビック1.6i-DTECのスペック

どんなクルマ?

シビック、設立以来最大の開発プロジェクト

10世代目のホンダ・シビックのディーゼルバージョンがこのページの主役。

昨年登場したガソリンの1ℓと1.5ℓに、今回、1.6ℓ4気筒ディーゼルが追加。これにタイプRも加わり、われわれはすべてのモデルをとても気に入っている。

今、この新しいディーゼルをローマのとんでもなくオンボロの通りで試乗しているのだが、ガソリン・モデルと同様、大幅に改良されている。

ホンダはこのクルマの設計に全力を投入し、研究開発リソースの実に3分の1をこのプロジェクトにつぎ込んだのだ。実際、単独のものとしては会社設立以来最大の開発プロジェクトである。

どこが変わったのだろう?

 
最新試乗記

人気記事