フォルクスワーゲン・パサート・ディーゼルに試乗 燃費/価格考え検証

公開 : 2018.03.10 00:10

どんな感じ?

振動「ほとんど感じられない」

乗ったのはセダンの上級モデル、パサートTDIハイラインで、車両本体価格489.9万円のクルマだ。横幅を強調するようなフロントグリルのデザインのためもあって、かなり幅広いクルマに思えるが、全幅1830mmだから今どきのDセグメントとしては普通だろう。

インテリアも水平方向の広がりを強調した、機能的なデザインを施されているが、ハイラインにのみ備わるウッドデコラティブパネルが、そこに潤いを与えているという印象。見た目は平板な感じのシートだが、座ってみるとしっかり身体を支えてくれる感触があるのも、フォルクスワーゲンらしい。

コンソール左側にあるスターターボタンを押すと、直4ターボディーゼルエンジンが即座に掛かった。ディーゼルエンジン特有のバイブレーションはほとんど感じられないが、室内に伝わってくる音は明らかにガソリンエンジンとは違うものだ。

セダンTDIの車重は1560kg、対するパワーとトルクは前記のように190psと40.8kg-mだから、Dレンジに入れて踏み込むと、いかにもターボディーゼルらしいトルクに乗った、押し出すような加速が、ほとんどタイムラグなしに手に入る。

試乗コースはけっこう急な上りの続くワインディングだったが、そこを編集者とカメラマンと当方の3人乗りで走っても、上りのヘアピンから立ち上がり以外では加速感に不満を覚えることはなかった。通常の平坦路ではまったく充分なパフォーマンスだろうと思う。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事