国内試乗 新型フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSI 個性より安心感

公開 : 2018.03.20 14:30

「買い」か?

個性は今ひとつ GTIに期待

兄貴分のゴルフがずっとCセグメントのベンチマークだったように、ポロもBセグメントのベンチマークであり続けてきた。で、その6代目に当たる新型も、クルマ全体のクオリティの高さを含んで、そういう資質を持ったクルマであると思う。

だから、全長4m強、全幅1.7m強までのサイズで、普段の足やファミリーカーとして使う間違いのないクルマを探しているのなら、やはり「買い」の最右翼の一台にランクできるクルマではあろう。

ただしその一方で、エンジンのフィールこそ先代とかなり変わったとはいえ、正直なところクルマの乗り味にあまり新鮮さが感じられないのはたしかで、ドライビング感覚にある種の個性や変化を求める向きには、やや物足りなく思えるかもしれない。

一方、同じニューポロでももっと活発なパフォーマンスとタイトなハンドリングを持ったモデルを望むのであれば、すでにヨーロッパで発表されているGTIの日本導入を待ち、それを「買い」とするのが最善の策ではないかと思うが、どうだろう?

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×