BTCC熱狂時代 中古で探す、アルファ155/BMW 3シリーズ/ボルボ850 前編

公開 : 2018.04.29 14:15

1994年のBTCCで活躍したモデル。今なら「中古」で買えるかもしれませんよ。検証するのは、アルファ155、BMW3シリーズ、ボルボ850の3台。GWは、中古車の夢を膨らませましょう。

もくじ

前編
日曜の勝者=月曜の売れ筋
20年後の今 オーナーは次の世代に
155 今では引く手あまたの問題パーツ
155 オーバルコース試乗
ボルボ850が上位 誰が予想した?

後編
空力に有利? ワゴンボディ
試乗 ポルシェ設計の5気筒
Zアクスルサスに病み付き E36型
魅力はハンドリング 318iS
BTCC黄金期 皆さまも1台いかが?

日曜の勝者=月曜の売れ筋


レディース・アンド・ジェントルマン! 1994年のBTCCへようこそ! イノベーション、ユニークな参戦車両、論争、コリーのぬいぐるみ、政治的工作、そしてレースガソリン。FISAの規定する、ホモロゲーションが4クラスに分かれた複雑なグループAから、後に “スーパーツーリング” となる新2ℓ規定に移行して4年目となるシーズンだ。マシンはエンジンの最高回転数が8500rpm、最低重量が950kgに制限され、ベース車両の最少生産台数が2500台。英国のサーキットはこのうえない大盛況となった。

量販セダンをベースにすることは、主にスポーツ性の面で不安視されたが、その選択はBTCCの妙技だったとすぐに証明された。毎戦とも3から4万人の観客動員を記録したのである。また、参戦メーカーも多数に上った。アルファ・ロメオ、BMW、ルノー、プジョー、フォード、ヴォクゾール、トヨタ、日産、マツダ、そしてボルボ。

観戦の影響は軽視できるものではなく、売れ筋モデルはさらに多くが出荷されるようになった。それを手に入れたのは、当時のBTCCドライバーのドライビングを模倣したい人々。まさに、各メーカーがターゲットとした “レースに傾倒する家族持ちの男性” である。
 

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記