ロータス・エスプリ復活か 登場2020年? さらに新モデルも エンジンを予想

公開 : 2018.05.09 18:40

「エヴォーラ以上の上位セグメント」

ゲールズは4年間、軽量化プログラムを推し進めた。その結果、最も軽量なエヴォーラであるGT430スポーツは、オリジナルのスーパーチャージャー付きエヴォーラSよりも150kg軽量化された。

一方でパワーも、初期の自然吸気エンジンの280psから、GT430の430psにまで向上した。その上、「スポーツ」ではない通常のGT430でも250kgものダウンフォースを発生させる。

しかしゲールズによれば、新モデルは大幅に改良され、「エヴォーラ以上のアッパーセグメント」として登場し、「エヴォーラよりも一歩先を行く」モデルで、さらに軽量に仕上がるそうだ。

ゲールズは、ロータスが標榜する「ライトウエイト、エアロダイナミクス、ハンドリング」へのコミットを繰り返し、新しいモデルはその全てを兼ね備えていると主張する。

GT430はすでに、カーボンファイバー製のフロントおよびリアバンパー、フロント・アクセス・パネル、ルーフパネル、テールゲート、リアウイングを採用している。

さらに軽量化したモデルの場合、残ったグラスファイバー製のボディもカーボンファイバーかコンポジットで置き換えられると思われる。

エヴォーラGT430は、ポルシェ911 GT3 RSというよりは911 GT3のライバルだが、新開発のモデルでは、さらに一歩先に進むことだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事