ブガッティ・シロンができるまで 「アトリエ」での手作業 組み立てと試験を取材

公開 : 2018.06.03 19:10  更新 : 2018.06.03 21:12

組み立て後のテスト

今日の一般の市販車と異なり、シロンで特徴的なのはセンターコンソールにスクリーンを持たないことだ。その代わり、スピードメーターの両サイドにふたつの高解像度スクリーンが備わり、クルマや周辺の重要な情報を表示する。

走行できるようになると、すぐに、作業員は出来立てのシャシーのアライメントをとり、トラクション・コントロールやスタビリティ・コントロールなどの電子装置のキャリブレーションを行う。その後シロンをダイナモメーターに載せ、最高200km/hの速度で64kmほど走行させる。

すべてのシロンは公道で350kmほどテストされる。フロントエンドは傷がつかないようフィルムでラップされる。同じ理由で、最初の試験走行から帰ってくるまで、ホイールやアンダーボディカバーは仮のものを装着している。

公道での2回の試験走行から帰ってくると、品質の専門家が何時間もかけて詳細な検査を行い、塗装やレザーのどんな些細な不具合でも探し出す。本当に完璧になるまでシロンは出荷承認を得ることができないのだ。

関連テーマ

おすすめ記事