ポルシェ・タイカン 複数人オーダー済み 市販車は2019年発表

公開 : 2018.07.18 21:30

EVへの投資拡大 今後の成長の肝

近年投資を拡大しているポルシェは、EV関連にはすでに53億ポンド(7870億円)を投じており、タイカンはこの巨額の投資の象徴として活用される。また、この資金の一部は次世代911のプラグインハイブリッド・バージョンの開発にも充てられている。

最新のスクープ写真では、タイカンのテストカーはカイエンに牽引されている。ブレークダウンはテストの初期で行われるのが一般的だ。一部を偽装されたテストカーのリアにはマフラーがのぞいていたが、これはタイカンだとわからなくするためのフェイクだと思われる。下部のふたつのグリルの間には自動運転用のセンサーが設置されているのも確認できる。グリルはおそらくバッテリーとブレーキの冷却用だろう。

タイカンという名前は、ユーラシアの方言で「生き生きとした若馬」という意味だ。1952年から掲げられている、跳ねた馬のエンブレムと掛けているのだろう。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ポルシェ・タイカン 複数人オーダー済み』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 

人気記事