ポルシェ・タイカン 複数人オーダー済み 市販車は2019年発表

2018.07.18

サマリー

ポルシェ・タイカンをオーダーした顧客がいると、英国法人のマネージングディレクターが認めました。市販仕様の発表は、2019年と考えられます。なぜ、こんなに早く? タイカンに関する最新情報をたっぷりご紹介します。

もくじ

反響は上々 19年発表、20年発売に
メーカー各社と連携 シームレスなEV体験を
低重心 理想的な重量配分 レベル4自動運転も
プログラム・アップデート 無線で
EVへの投資拡大 今後の成長の肝

反響は上々 19年発表、20年発売に

ポルシェ・タイカンを、すでにオーダーした顧客が複数人いると、英国ポルシェ法人のマネージングディレクター、アレクサンダー・ポリッヒが明かした。タイカンは同社初のフルEVであり、まだ市販仕様は発表されていない。

オーダーは今月初旬に始まった。発表されたのはミッションEと呼ばれるコンセプトカーだけで、市販仕様は公開されていないが、カスタマーは早く手に入れることを重視しているのだという。ただし、ポリッヒはオーダー数については明かさなかった。市販仕様の公開は2019年で、デリバリーは2020年になるという。

彼は、テスラとポルシェを対比して、次のように話している。

「このクルマの発表から現在に至るまで、カスタマーからは素晴らしい反応をいただいています。ポルシェの電動自動車の歴史は1989年に始まり、われわれのインスピレーションとモチベーションの源となっています。もちろんそこからは大きな隔たりがありますが、これまでハイブリッドの導入で業界の先端を走ってきましたし、これからはそのヘリテージと知見を生かして、クラストップレベルの電動自動車を提供していきます」

「われわれは、これからの18カ月でタイカンの開発を進め、公開します。しかし、現時点でカスタマーがタイカンに高い関心を払っていることは明らかです。ディーラーには、早くタイカンを手に入れる方法や情報を求めて、多くの問い合わせをいただいております」
 

 

人気記事