英国はこう見る レクサスSC430の中古車、評価は? ソアラ購入のヒントに

公開 : 2018.08.15 10:40  更新 : 2021.01.28 18:09

鯛は腐っても鯛

価格は2002年モデルで17万7000kmの走行距離のクルマが3000ポンド(43万円)。2002年式でも、後期モデルなら改良を受けたサスペンションで、乗り心地とハンドリングが向上している。さらに2004年には、新しいダンパーと改良を加えたシャシーを投入している。その結果、柔軟な乗り心地と、シャープなハンドリングを獲得している。

中期型のモデルなら、7500ポンド(108万円)くらいから。2005年にはマイナーチェンジを受けており、バンパーと18インチ・アルミホイールのデザインが変更されている。

SCのオーナーはレクサスというブランドもあって、全般的に丁寧に乗るひとが多い。1〜2オーナーで低走行、レクサス正規ディーラーの整備記録がしっかり残ったクルマも簡単に見つかる。

最も新しいクルマでも9年目となるから、幾つかの目につく劣化は避けられないだろう。一番古い車なら17年目となる。アンダーボディのサビを確認し、サスペンションの動きや、タイミングベルトやウォーターポンプの交換履歴、油脂類の状態、トランスミッションの動作には気をつけておきたい。また、どの年式でもO2センサーとタイヤの空気圧センサーは弱点の一つとなる。

といっても、多少古くても良いクルマは良い。一度乗ってみるのも悪くないと思う。

関連テーマ

人気テーマ