現実の選択 毎日使える1000万円級スポーツカー対決 前編 回顧録

公開 : 2018.09.22 10:10

乗りやすくさらに速くなったランエボ

雨が降っているので、まずは四輪駆動のクルマの利点についてから話を始めることにする。後輪駆動のクルマについては、のちほど路面状況がもう少しよくなってきてからにしよう。

正直に言うと、アウディと三菱とでは、ブランドに期待する品質は大きく異なるのは否めない。しかし、メカニカルな構成やエンジンとその配置などに関しては、FQ-400とTT RSは決してそれほど遠い存在ではない。

最低地上高を思い切り下げ、ボンネットには大仰なベンチレータを穿ち、そしてマグネシウム製のホイールを履いたFQ-400のルックスは、もともと決して存在感が薄いわけではないノーマルのランエボよりもさらに数段、本気度を増している。

また、FQ-400はサウンドにも真面目に取り組んでおり、アイドリングからずっしりとした低音で、いかにも走りを感じさせるような響きを放つ。FQ-360からFQ-400への変更に伴い、エンジン内部の改変はまったくないものの、ECUやターボ、インタークーラー、それにエグゾーストが刷新されることになった。

これによりトップエンドへの吹け上がりがとても軽快になり、それと同時に中回転数域でのフレキシビリティも十分に確保されるにいたった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事