レクサスLCにコンバーチブル コンセプトがデトロイトショーで発表 製品化は?

公開 : 2019.01.15 13:10  更新 : 2019.01.15 13:12

レクサスはLCのコンバーチブルモデルをデトロイトモーターショー2019にて発表しました。製品化は未定ですが、顧客/開発陣ともに、モチベーションは高そうです。製品化された場合は、LC500/LC500hの2本立てになるとAUTOCARは考えます。

もくじ

LCもコンバーチブルタイプ
実際に製品化されるなら……

LCもコンバーチブルタイプ

レクサスはLCのコンバーチブルタイプをコンセプトモデルとしてデトロイトモーターショー2019に展示した。

ボディサイズはLCクーペと変わらず、リトラクタブル・ルーフを収めるリアデッキが、コンバーチブル特有のデザインとなる。

ソフトトップ/メタルルーフのどちらになるかは、正式に発表されていない。

レクサス・グループのヴァイス・プレジデント、デイヴィッド・クリストは「われわれがこれまでリリースしたクルマのなかで、もっとも需要のあるモデルです」と、LCコンバーチブルについて説明する。

「われわれレクサスの、将来の方向性を指し示す、とも言えるクルマですね。『わっ』と言わせるモデルだと思っています」とも。

22インチのホイールは、パフォーマンス志向であることを表現している。2+2のレイアウトであることを加味すると、ポルシェ911カブリオレやフェラーリ・ポルトフィーノがライバルとして視野に入るのは自然な流れだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事