試乗 レクサスLFA、デビュー当時の評価は 価格に見合う魅力あった? 回顧録

2018.12.29

100字サマリー

レクサスが初めて送り出したスーパーカー、LFAに初めて試乗した際の記事です。他のライバルを上回る価格をつけられていますが、このクルマから得られるのはハイテクと希少性だけではなく、どのスーパーカーとも違う独自の世界があるとの評価です。

もくじ

レクサス初めてのスーパーカー
超高回転型のV10エンジン
非現実的なギアシフト
ステアフィールには不満も
素晴らしいコーナリング性能
高い品質と走行性能
内外装の質感も良好
価格に見合っているか
他に類を見ないスーパーカー

レクサス初めてのスーパーカー

レクサスに迷いはない。開発には現代のクルマとしてはかなり長い6年(しかもそのうち少なくとも1年間は大幅な方針の見直しに費やされている)の時間を要したが、LFAは今、確かにここに存在している。彼らはまだるっこしい説明もなくすぐにキーを手渡してくれたばかりか、ニュルブルクリンク北コースの関係者用入場許可証まで用意してくれていた。それほど自らの製品に自信を持っているのだろう。

となれば、レクサスがスーパーカーを製造するにいたったモチベーションやその登場のタイミングに関する疑問は、ひとまずあとの話である。とにかく今は、まだ4台しか完成していない量産型のうちの1台、この36万1000ユーロ(日本での正式価格は3750万円)の豪勢なクルマに失礼のないよう、ひたすら走ることに集中すべき時だ。

そう、トヨタはあの豪華絢爛なランボルギーニ・ムルシエラゴSVよりもさらに10万ユーロ(日本ではSVは4688.25万円でLFAより高い)も上回る値をつけてきたのである。

LFAの価格がまっとうな額なのかどうかを判断するには、そこにレクサスが投入してきたテクノロジーを知る必要がある。そのなかには専用開発された560psの4.8ℓV10エンジン、ふんだんにカーボン複合材が使われたシャシーとボディ、それにトランスアクスル配置の6段シーケンシャルトランスミッションなども含まれている。

 
最新試乗記