初試乗 マイルドハイブリッドのGLC 「GLC300 4マティック・プロトタイプ」

公開 : 2019.02.28 17:10  更新 : 2019.02.28 23:21

フェイスリフトを受けたGLCにマイルドハイブリッド・バージョンが追加されました。加えて雪道でも爽快に走り回れるよう、四輪駆動システムにも手が加えられています。まだプロトタイプながら、クラスの中での存在感を一層高めたといえるでしょう。

もくじ

どんなクルマ? 
四輪駆動システムをアップデート
どんな感じ? 
シャシー周りをファインチューニング
MBUXオペレーティング・システムを採用
マイルドハイブリッドなら燃費を約15%向上
「買い」か? 
補強されたGLCの存在感や優位性
スペック
メルセデス・ベンツGLC300 4Matic EQブーストのスペック

どんなクルマ?

四輪駆動システムをアップデート

当初、試乗ツアーは予定通りにスタートした。早朝に出発したわれわれは、北極圏が目前に迫るスウェーデンのアルビッツヤウル周辺の雪道を、新しいGLCのプロトタイプで数時間ドライブできた。ここはメルセデス・ベンツが冬の期間、走行テストを主に行っているエリアで、気温は冬の季節なら終日氷点下となる日も多い。

しかししばらくすると、ぱらついていた雪は気温の上昇とともに雨に変わり、GLCを走らせていた路面は、水の浮いた透明な氷で一面が覆われてしまった。コンディションは雪道以上に危険なものになってしまったのだ。

そもそもメルセデス・ベンツは、フェイスリフトを加えたSUV、GLCの四輪駆動システムにも手を加えており、トラクション性能の向上をこの場で披露する予定だった。3月のスイス・ジュネーブモーターショーに先駆けて。しかし、今回の記者向けの試乗会を仕切っていたピーター・コルプも、冬の気まぐれた気象変化を予想していなかったのだろう。「わたしたちは何年もここでテストを重ねていますが、この既設に雨が降るなんて、かなり珍しいことです」と残念そうに話していた。

だがこの不利な条件にも関わらず、登り坂でのグリップは効かなかったものの、新しいGLCは素晴らしかった。スパイクタイヤを装備していなかったが、四輪へパワーを的確に巧妙に伝達するシステムのおかげで、クルマは前進を続ける。最新の四輪駆動システムと電子制御システムをもってしなければ、恐らく今回のように走ることはできなかっただろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事