新型アウディA6(日本仕様)を解説 セダン、アバントの価格/内装/サイズ/スペック

2019.03.13

新型アウディA6の装備

プレミアムブランド、アウディのアッパーミドルセダンにふさわしく、快適/安全装備とも充実している。

前述のMMIタッチレスポンスは上下2画面から成り、アッパーディスプレイはインフォテインメントシステム用で、ロア・ディスプレイは空調コントロールやテキスト入力などに使用する。優れた安全性、利便性、パーソナライゼーションを実現するために、広範囲なコネクティビティを提供し、日本仕様ではカーナビが標準装備される。

安全運転支援装備のドライバーアシスタンス・システムは機能が洗練された。走行車線内を維持するためにステアリング操作に穏やかに介入するアクティブレーンアシストやトラフィックジャムアシストを含むアダプティブドライブアシストを始め、見通しの悪い交差点などで動作するフロントクロストラフィックアシストや、全方位からの事故について予防し、被害軽減を図るプレセンス360が装備される。

将来的にはパーキングスペースへの駐車および退出操作を自動的に行う、パーキングパイロットとガレージパイロットが追加される予定だ。

 

人気記事