ほぼ新車 グループBラリーカー、オークションに MGメトロ6R4の予想落札価格は?

公開 : 2019.06.05 11:10  更新 : 2019.06.05 13:17

ほぼ新車のグループBラリーカー「MGメトロ6R4」が、オークションに出品されます。この状態で34年間も残っていて、走行距離11km。予想落札価格はいくら? 写真8枚。

激しいラリーの戦い……とは無縁のままで

走行距離が極めて少ない。そして伝説のグループB競技用車両。ここで紹介する1985年製MGメトロ6R4は、まさにクラシックカー界の珍獣だ。

生産されてから34年の間、この個体はわずか7マイル(約11km)しか走行していないのだ。雨に濡れたこともない。公道走行のために登録されたこともない。こんなクルマは、われわれも今まで見たことがない。

奇跡の大発見ともいえる車両が、シルバーストン・オークションに出品されるのだ。予想落札価格は、20万〜24万ポンド(2700〜3300万円)とされている。

しかし、あまりに過激になり過ぎたため短命に終わったグループBのラリー界は、この時間を超えたような個体とは無縁だった。

新車状態のまま、アビンドンの工場で施されたワックスもそのままで、このクルマは1986年からコレクターの元にあった。最初のオーナーであるクリストファー・ハーヴェイは1986年12月、オースティン・ローバー・グループから直接購入し、キットの状態で積載車に積み、オックスフォードシャーの自宅まで運んだ。

ハーヴェイが死去した後、1996年5月に未亡人はこのクルマをドニントン・ミュージアムに貸し出すことにした。自宅ガレージに置いておくよりも、多くのエンスージアストに見てもらいたいと彼女は考えたからだ。同年9月17日に、ドニントン・ミュージアムに運び込まれている。この時、メアリー・ハーヴェイとドニントン・ミュージアムの間で交わされた書簡も、今回のオークションではクルマに付属するという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事