ポルシェ・タイカン、9月発表 次世代CHAdeMO(8割充電は30分以内)日本設置へ

公開 : 2019.06.28 12:32  更新 : 2021.02.10 17:27

ポルシェ・タイカンの続報です。日本導入に向けて、日本法人は、来年半ばから「次世代CHAdeMO」の設置を始めます。80%の充電は30分以内。最新情報をレポート。

もくじ

タイカンのテスト 最終段階に
日本国内へ 150kWの急速充電器を
「ゼロインパクト・ファクトリー」とは

タイカンのテスト 最終段階に

タイカンは、現在、量産に入る前の最終テストドライブを終えようとしている。北極圏からわずか数kmのスカンジナビアでは、雪と氷の上でのドライビングダイナミクスに関するポテンシャルを証明しているとこだ。

南アフリカでは、パフォーマンステストに加えて、連続的なパフォーマンスと再現性に関する最終調整を、ドバイでは、高温気候での耐久走行を実施し、過酷な条件下でのバッテリー充電をテスト。

マイナス35℃からプラス50℃におよぶ世界の30カ国でタイカンはテストドライブされ、内燃エンジンを搭載するスポーツカーと同じ厳格なテストプログラムを受けている。

早い時期から、コンピュータシミュレーションと包括的なベンチテストが実施されたことで、この過酷なテストプログラムは最終段階に到達しているという。

タイカンのテスト段階におけるトピック

・総走行距離:約600万km。うち200万kmは耐久走行距離。
・実施国:米国、中国、アラブ首長国連邦(UAE)、フィンランドを含む合計30カ国。
・気温:-35℃〜+50℃
・湿度:20〜100%
・標高:海面下85m〜海抜3000m
・充電サイクル:世界中の様々な充電技術を用いて10万回以上
・開発チーム:約1000名のテストドライバー、技術者、エンジニア

日本国内における充電設備の体制についても、情報が入ってきた。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェの人気画像