家族とオープン2+2 BMW 2002カブリオレ/トライアンフ・スタッグ 後編

公開 : 2019.08.24 16:50  更新 : 2020.12.08 10:56

スタッグもクルマの基本は悪くない

しかし、スタッグはそもそもオープンでゆったりと走るべきクルマ。エンジンの性能を確保すれば、ハンドリングの多少の悪さもカバーできると当時のエンジニアも考えていた。もし販売数がもっと伸びていれば、改善することもできたかもしれない。クルマの基本は決して悪くないのだ。

アメリカのコンバーチブルに対する安全規制が強化される中で、ヨーロッパで生まれたスタッグは、とても勇気のある開発計画だったといえる。トライアンフはTRシリーズやスピットファイアをアメリカで成功させていたこともあり、開発のリスクを冒す意味もあると考えていたと思われる。

トライアンフ・スタッグ・カブリオレ
トライアンフ・スタッグ・カブリオレ

ドイツ製の高価なライバルと比較して、スタッグは知的に練られたパッケージングを備えていただけに、アメリカで販売に至らなかったことが残念だ。BMW 2002は、グラマーなトライアンフと比較すると、ビジュアル面で劣るという事実も、数奇なものだと思う。

わたしはスタッグが好きというわけでもないし、所有する見込みもない。だが、今回改めてその存在が嬉しくなった。スタッグは確かに新車時から良くない評判もあったが、時間の経過とともに事実以上に強いイメージを持たれている様子。一方で現行モデル以上に、われわれはクラシックカーの魅力的な部分を一層引き立てて見ているという側面もある。トライアンフ・スタッグは実際の欠点以上に、とても良い印象を与えてくれるクルマだった。

2+2カブリオレ2台のスペック

トライアンフ・スタッグ(1970年〜1977年)のスペック

価格:新車時2616ポンド(35万円)/現在2万5000ポンド(340万円)以下
生産台数:2万5939台
全長:4420mm
全幅:1626mm
全高:1270mm
最高速度:189km/h
0-96km/h加速:9.5秒
燃費:7.0km/L
CO2排出量:−
乾燥重量:1273kg
パワートレイン:V型8気筒2997cc
使用燃料:ガソリン
最高出力:147ps/5500rpm
最大トルク:23.4kg−m/3500rpm
ギアボックス:4速マニュアル

BMW 2002カブリオレ(1971年〜1974年)のスペック

価格:新車時3499ポンド(48万円)/現在2万5000ポンド(340万円)以下
生産台数:2713台
全長:4318mm
全幅:1588mm
全高:1359mm
最高速度:170km/h
0-96km/h加速:10.8秒
燃費:9.9km/L
CO2排出量:−
乾燥重量:1060kg
パワートレイン:直列4気筒1990cc
使用燃料:ガソリン
最高出力:99ps/5500rpm
最大トルク:16.0kg−m/3000rpm
ギアボックス:4速マニュアル

BMW 2002カブリオレ
BMW 2002カブリオレ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像