SUVではなくドライバーズカー ポルシェ・マカンS 試乗 354ps V6ターボ

公開 : 2019.08.19 09:50  更新 : 2019.08.19 15:34

ポルシェ製コンパクトSUV、マカンの中間グレードの2019年版を英国で評価しました。上位グレードと比較すると、いくつかの制約も感じられるものの、充分に印象的な走りを味わわせてくれるドライバーズカーです。

アウディと共同開発のV6ターボを採用

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

コンパクトSUVポルシェ・マカンの中間グレード、マカンSの右ハンドル車を英国の道で試乗するのは初めて。2019年のモデルイヤーとなるマカンは、フェイスリフトを受け、新しい3.0LのV6ガソリン・ターボエンジンを搭載。最高出力354psを発生させ、一回り大きいパナメーラカイエンにも採用されている。

このユニットは「EA839」というコードネームで呼ばれており、同じグループのアウディとともに開発したもの。インゴルシュタットがディーゼルに置き換える決定を下す前の、先代のS4やSQ5にも搭載されていた。ツインスクロール・ターボは90度のバンク角の間にレイアウトされる。

ポルシェ・マカンS
ポルシェ・マカンS

またショートストローク、低コンプレッション化させた2.9Lツインターボ・ユニットとして、アウディRS4やRS5に採用されているものと基本的に同じユニットでもある。このセットアップで、まもなく登場するマカン・ターボのボンネットにも納まるだろう。ターボSの最高出力は450psくらいにまで高まるはず。

今回試乗するマカンSは、4気筒エンジンを搭載するエントリーグレードより23万円程度高いだけ。V6エンジンとなるだけでなく、異なるデザインの18インチ・アルミホイールが組み合わされ、フロントブレーキもアップグレードされる。コストバリューで優れているように感じるのはわたしだけではないはずだ。ただしエントリーグレードといっても、ラグジュアリー・パフォーマンスモデルらしい価格付けには変わりないけれど。

マカンSなら選べるブレーキのオプション

4気筒のマカンと同様に、マカンSにもスチールコイル・サスペンションと通常のパッシブダンパー、7速ツインクラッチATが標準装備。後輪駆動ベースとなるクラッチ内蔵の4輪駆動システムで18インチ・タイヤを駆動する。

ポルシェらしく、オプションは限りない。PASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)アダプティブタンパーや車高調整の可能なエアサスペンション、電子ロック・リアデフなども選べる。ホイールは最大で21インチまで大径化することもできる。これらを思い通りに組み合わせていくと、かなりの金額になってしまう。

ポルシェ・マカンS
ポルシェ・マカンS

4気筒では選べないが、6気筒のマカンで選択ができるオプションが、ブレーキ。スチール製のディスクをタングステンカーバイドと呼ばれる特殊金属でコーティングした「PSCB」ブレーキを選択すると2000ポンド(26万円)のプラス。より強力でフェードしにくいセラミック・コンポジッド・ディスクブレーキ「PCCB」を選択すれば、6000ポンド(78万円)ほどの追加となる。

ポルシェの新車を購入しようとすると、このグレードとオプションとの選択に悩まされることになる。悩むだけの意味もあるし、クルマを買う楽しみのひとつでもある。今回のテスト車両にはアダプティブ・ダンパーにスチールコイル・サスペンション、20インチのアルミホイールにトルクベクタリング機能好きのリアデフが搭載されていた。ブレーキは標準のままだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ポルシェの人気画像

×