BTCCチームの裏側 ホンダ・シビックとロータス・エラン、最速芝刈り機

公開 : 2019.09.16 16:30

将来を見据えた幅広い取り組み

その後、チームはロータス・コルティナを手に入れた。「他のクルマと同じように、クルマをバラし、分析し、より良く作り直しました。クルマはプロジェクトの苦労と愛が混ざったものです」 とロジャースは話す。チームはボディシェルから作り直され、新しいエランは、グッドウッド・リバイバルのようなイベントのために組み立て直された。古いパーツはデジタル・スキャンを行い、新しい部品を作るためにCADデータ化する。

「ロータス・エランは悪夢のようでした。よくあることですが、屋根はきちんと組付けできませんでした。雨漏りする状態を、雨天の回数を数えて割り切るか、時間を掛けて治すか、どちらかを選ぶかのようなものです」 と振り返るロジャース。

チーム・ダイナミクス・モータースポーツ
チーム・ダイナミクス・モータースポーツ

ほかにも、チーム・ダイナミクス・モータースポーツ社はFKシビック・タイプR用のパフォーマンス・パーツや、ドライバーのトレーニング・シュミレーターの開発も行っている。カンファレンスセンターもワークショップ内に開設した。またスポーツカー・ベースのレーシングカーや、高性能バンの開発にも取り組んでいるという。

ニールは、浮き沈みの激しいモータースポーツ界で、チーム・ダイナミクス・モータースポーツ社が「一芸だけ」とならないことを目標としている。「デヴィッド・リチャードがプロドライブを拡大させたこと、さらにマクラーレンが拡大したことを見てきました」 と将来を見据えるニール。

プロドライブもマクラーレンも、芝刈り機で最速の記録を更新したことはまだない。ニールは既にミーン・マウアV3の計画も立てているそうだ。マット・ニールの高身長でも乗れるマシンとなるのだろうか。

マット・ニールが自負するマシン

ホンダ・シビック・タイプR

「現行のBTCCカーとして完成された中身を持っています。素晴らしいエンジニアリングです。グリップ力はF3マシンにも似たものがあります」

ホンダ・シビック・タイプR
ホンダ・シビック・タイプR

日産プリメーラGT

「スーパー・ツーリングカーは特別な仕事でした。特に初代の日産のマシンは、素晴らしいマシンでした」

日産プリメーラGT
日産プリメーラGT

BMW M3(E30)

「初期の頃のスーパー・ツーリングカー用M3も凄いマシンでした。操縦性は素晴らしかったですが、サスペンションはほとんど動かず、タイヤとスプリングが付いていただけのようでした」

ミーン・マウアV2

「ホンダUKのために、ミーン・マウアV2を制作しました。ノルウェーのチームがわれわれの記録を塗り替え、その更新をホンダが希望したのです。そこでダントツに速いV2を作りました」

ミーン・マウアV2
ミーン・マウアV2

ロータス・コルティナ

「チームのニール・ブラウンが開発するエンジンのパワーは驚くほどです。ジム・クラークがロータス・コルティナをチューニングした時は131ps程度でしたが、われわれのマシンは190psを超えています」

ロータス・コルティナ
ロータス・コルティナ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ホンダ シビックの人気画像