トヨタ・ヤリスGRMNで巡る ウェールズ・ラリーGB開催地の旅 新たなホームタウンも

公開 : 2019.10.06 18:50  更新 : 2021.03.05 18:46

番外編1:第1回ウェールズ・ラリーGB再考

1932年に第1回が行われたRACラリー(ウェールズ・ラリーGB)は、英国版AUTOCARがラリー・モンテカルロの成功に刺激された英国の王立自動車クラブ(RAC)に開催を提案したことがキッカケだった。

ノーマルのままの公道モデルで参戦した参加者たちは、英国中に設けられた9つの異なるスタート地点から、定められたチェックポイントを通過しながら1600kmのコースをトーキーへ向け出発していった。

トーキーの海岸沿いではブレーキングのテストが行われた。
トーキーの海岸沿いではブレーキングのテストが行われた。

367台が参加しており、排気量1.1L以下のクラスは平均時速35km/h、それ以外は平均時速40km/hと予想されていた。

トーキーまで辿り着いた参加者の多くが、ノンストップでこのラリーを走り切っており、市長の出迎えを受けた後にはダンスパーティーが催されているが、参加車両には完ぺきな正装が詰め込まれていたのは言うまでもないだろう。

翌日はトーキーの市街地にクローズドセクションを設け、さまざまなトライアルが行われているが、そのなかにはモータースポーツとしては非常に奇妙と言える「スローランニングテスト」といった種目があった。

これは監視人を乗せた状態で、クラッチを操作することなくトップギアで可能な限りゆっくりと91mの距離を走行するというものであり、もっとも時間を掛けて走行することに成功した車両のタイムは5分以上というものだったが、報道では「観客のほとんどはカタツムリの競争よりも加速テストにより多くの興味を見出したようだ」と冷ややかに伝えていた。

グレートオームの駐車場を舞台に、ヤリスでこの偉業を再現しようとしてみたが、まったく上手くいかなかった。アイドリング状態で挑戦した最初の走行でさえ時速は3.2km/hであり、6速ギアでエンジンが許容可能な最低速度はおよそ32km/hにも達していた。もし当時参加していたら、ダントツの最下位だったに違いない。

番外編2:勝つのは誰だ?

今年のシーズンも残すところ3戦となるウェールズ・ラリーGBは、タイトル争いの帰趨を決する重要な役割を果たすことになるだろう。

これまでヤリスWRCで5勝を上げているエストニア出身のオットー・タナックが初のタイトル獲得に近づいており、これはトヨタにとってもWRC復帰後の初戴冠となる。だが、過去6年連続でタイトルを獲得しているセバスチャン・オジェも、7年連続チャンピオンの座を簡単に諦めるつもりはないようだ。

トヨタ・ヤリスGRMN
トヨタ・ヤリスGRMN

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事