トヨタ・ヤリスGRMNで巡る ウェールズ・ラリーGB開催地の旅 新たなホームタウンも

公開 : 2019.10.06 18:50  更新 : 2021.03.05 18:46

ラリーマシンとの繋がり

チェスターの立地が意味するのは、この競馬場から10分もかからずにヤリスとわたしはウェールズに足を踏み入れることが出来るということだ。だが、A55号線は決してこのクルマ向きの道路ではなく、ヤリスのキャビンは騒音で満たされ、例え明らかに滑らかな路面を一定のスピードで走っていても、その乗り心地が落ち着くことはない。

本物のラリーマシンから多くのインスピレーションを得ているとは言え、このGRMNはかつてのホモロゲーションスペシャルのようなモデルではない。ボディシェルと同じようなデカール類を除けば、見事な働きを見せるディフェレンシャルを備え、大げさな空力パーツを纏った四輪駆動のラリーマシンとの直接的な繋がりはないのだ。

トヨタ・ヤリスGRMN
トヨタ・ヤリスGRMN

だが、例え他のドライバーからは単なる見掛け倒しのハッチバックだと思われたとしても、少なくともこのクルマはラリーマシンとの繋がりを誇りにしている。

次に立ち寄ったブレニグのコースは、ラリー最終日となる日曜日のレースが予定されているのだから、順番が逆かも知れないが、ヤリスにとってははるかに相応しい場所でもあった。

空想の限界 ラリーの天気

A55号線を降りてデンビーへと向かい、スリン・ブレニグに到着すると、このクルマに相応しいタイトで起伏に富んだコースがわれわれを迎えてくれた。ここでのヤリスはサスペンションが嬉々としてショックを吸収し、ロータスが手掛けたスーパーチャージャー付きエンジンはその実力を遺憾なく発揮するとともに、ハードに走るほど見事なサウンドを響かせる。

本物の森林には絶対にヤリスを連れ出してはいけないと固く厳命されていたが、ビジターセンターを囲む道であれば、実際のラリーコースに近いところまで行くことができた。

トヨタ・ヤリスGRMN
トヨタ・ヤリスGRMN

全長6.4kmのブレニグのコースは湖に面しており、巨大なダムがフィニッシュ地点となるが、最後のレースとなる2回目の走行は、パワーステージとしてボーナスポイントを獲得することができる。

今年はまだ未勝利だが、フォードのエルフィン・エバンスは2017年の母国ラリーでの勝利の再現を、トヨタのクリス・ミークもポディウムの頂上を虎視眈々と狙っているのだから、ここはチェスター・レースコースに続いて英国にとっての勝利の場所となるかも知れない。

だが空想にふけるにも限界があり、写真撮影をしようと湖へと通じる道へヤリスを乗り入れてみたが、その巨大な水面に鏡のように静まり返った湖面を見つけ出すことはほとんどできなかった。

どうやらラリー開催の2カ月前にもかかわらず、鉛色をした空からの豪雨というラリー向けの天候を連れてきてしまったようだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事