試乗 トヨタ新型カローラ/ツーリング セダンとワゴン 価格/サイズ/内装を評価

2019.11.04

新型の走り こう理解しよう

走りの実力だが、まずは新型カローラの走りのキャラ付けを理解するのが肝要である。

ざっくり分類すればセダンがコンフォート、5ドアHBがスポーティ、ワゴンがその中間設定。グレード展開ではW×B(セダン/ワゴン)とZ(5ドアHB)がスポーティ設定となる。

左から5ドア・ハッチバックの改良新型カローラスポーツ、セダンの新型カローラ、ワゴンの新型カローラツーリング。
左から5ドア・ハッチバックの改良新型カローラスポーツ、セダンの新型カローラ、ワゴンの新型カローラツーリング。

スポーツ度で言えば5ドアHB・Z、ワゴンW×B、セダンW×B、5ドアHB標準系サスの順番。

この違いは車体形状や車重などの問題ではなくサスチューンの差である。また、フレーム剛性面で不利になるワゴンはW×Bのみリアサス近くにブレースを追加し、捻り剛性をセダン相応とした。5ドアHBのサスチューンも変更が加えられ、全車とも改良型サス仕様である。

そこにパワートレインの違いが乗り味にも影響し、「カローラの走り」と一言でまとめるのが難しいほど多彩な走りを揃えていた。

試乗 セダンのS

ガソリン1.8Lを搭載したセダンS(写真赤)は最もコンフォート寄りの設定だ。

パッチ路あるいは波状路での突き上げ感も少なく、細かくよく動くフットワーク。ただし、よく言えば軽やかだが、どっしりとした落ち着きに少々欠いている。

カローラSの試乗車は、205/55R16のアルミと、スカーレットメタリックの外装色。
カローラSの試乗車は、205/55R16のアルミと、スカーレットメタリックの外装色。

アクシオやプレミオに似せた味付けとも思え、こういったフットワークで気になるのが高速安定。

ところが街乗りで得た印象とは異なり高速操安が存外にいい。

高速コーナリングではロールが深くなるほど前輪の接地感が高まり、加減速や路面のうねりで方向性が乱れることもない。高速コーナリングからの急制動も躊躇なくできる安心感のある操縦性である。

高速直進性も良好だが、注目点の1つが操舵感だ。

 
最新試乗記

人気記事