【韓国発EV】ヒュンダイ・アイオニック・エレクトリックに試乗 バッテリー増量で312km

公開 : 2019.12.08 09:50  更新 : 2021.03.05 21:37

標準以上ではないが、標準以下でもない

転がり抵抗の低さを追求したタイヤは、低速度域でも盛大なノイズを発生する。ライバルなら静かで穏やかな走行を楽しめるところだが、アイオニック・エレクトリックは少し及ばない。

走行ノイズを気にしないためにも、ラジオのボリュームはちょっと上げておくと良い。アップデートされたインフォテイメント・システムの機能の1つだし、操作もわかりやすく機能も豊富になっている。

ヒュンダイ・アイオニック
ヒュンダイ・アイオニック

インテリア全体の印象はやや単調。暗い色味のプラスティックパーツの面積も大きい。

マイナーチェンジ後のアイオニック・エレクトリックが重視しているのは、やはり効率性。シフトパドル状のレバーを弾いて回生ブレーキの強さを調整し、航続距離を伸ばす楽しみ方ができるのは、EVならでは。

「機能優先」という言葉が、アイオニック・エレクトリックを表現する最適な言葉かもしれない。あらゆる面で充分に機能的で、標準以下の部分がないかわり、標準以上の部分もないと思う。

確かに充分に使いでの良いクルマではある。だが、コナ・エレクトリックも含めて、ライバルモデルの輝きはより強いと思えてしまった。

ヒュンダイ・アイオニック・エレクトリックのスペック

価格:2万9450ポンド(412万円・政府補助金適用後)
全長:4470mm
全幅:1820mm
全高:1450mm
最高速度:154km/h
0-100km/h加速:9.7秒
航続距離:312km
CO2排出量:0g/km
乾燥重量:1475kg
パワートレイン:永久磁石モーター
バッテリー容量:38.3kWh
最高出力:135ps
最大トルク:40.1kg-m
ギアボックス:シングルスピード

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ヒュンダイの人気画像