【ポルシェの将来】911のEV化? タイカンの次世代911化? VWグループの出口戦略、手探り

公開 : 2019.12.31 11:50  更新 : 2021.10.09 23:53

ポルシェ初のEV(電気自動車)、タイカン。各国での報道を見てみると、両手を挙げて絶賛するような記事は多くありません。911をEV化するのではなく、次世代911と呼ぶにふさわしいEV構築。うまくいく?

ポルシェ初のEVタイカン 表現に困るメディア

text:Kenji Momota(桃田健史)

ポルシェ初のEV(電気自動車)、タイカン。

2019年後半に国際試乗会が行われるなど、世界主要国のメディアがタイカンを体験した。

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン

各国での報道を見てみると、両手を挙げて絶賛するような記事は少ない。かといって、ネガティブな意見をいうジャーナリストも少ない。多くの場合、新たなる感覚に対して戸惑い、どのように評価し、そして表現するべきなのか困っているように思える。

根源にあるのは「これは、ポルシェなのか?」という点だ。

タイカンは、確かに速い。0-100km/h加速は2.8秒(欧州参考値)だが、「人とクルマが遠い」という表現をよく見かける。

言い換えると「これまでのポルシェっぽくない」ということだ。

「ポルシェっぽくない」という点では、SUVに参入したカイエン、またフル4シーターのパナメーラと、ポルシェが事業を拡大する度にメディアから聞こえてきた声だ。

だが、タイカンに対する「ポルシェっぽくない」とは、911を対象としている。

つまり、タイカンを「次世代ポルシェのフラッグシップになり得るクルマではないのか」という気持ちをメディアが持っているということだ。

次世代911は? VWグループ明確な出口戦略を

いま、世の中で起こっているのは、EV市場の二極化だ。

1つは、日産リーフに代表される顧客層が多いマスマーケット向けのEV。一般的にはプレミアムEVと思われているテスラも、実はマスマーケット向けの商品だ。

ポルシェ911
ポルシェ911

エントリー車種のテスラ・モデル3はもとより、モデルSモデルYもライバルはレクサスインフィニティアキュラなどだ。

テスラは、ポルシェ、フェラーリランボルギーニなどハイエンドなプレミアムブランドではない。

筆者(桃田健史)は2018年初頭、ドイツで開催された次世代車向け電池の国際学会で、当時最終的なテスト走行を繰り返していたタイカン(この時点ではコンセプトモデルのミッションe)のシステム設計チーフエンジニアと意見交換した。

その際、彼の言葉からは、タイカンは、テスラ顧客はターゲットユーザーの一部ではあるが、モデルSをライバルに想定していないように感じた。

常識破りの800V充電の実用化も「ハイエンドなプレミアムブランドを構築するための手段」と表現した。

ポルシェが目指しているのは、911をEV化するのではなく、次世代911と呼ぶにふさわしいEVモデルの構築である。タイカンは、その大きな実験だ。

だが、当のポルシェもタイカンが、ズバリ次世代911的な存在と言い切れるだけの自信はないだろう。

なぜならば、EVを含め自動車技術の大変革の中、ポルシェとして、そしてフォルクスワーゲングループとして明確な出口戦略が見い出せず、手探り状態が続いているからだ。

この記事に関わった人々

  • 桃田健史

    Kenji Momota

    過去40数年間の飛行機移動距離はざっと世界150周。量産車の企画/開発/実験/マーケティングなど様々な実務を経験。モータースポーツ領域でもアメリカを拠点に長年活動。昔は愛車のフルサイズピックトラックで1日1600㎞移動は当たり前だったが最近は長距離だと腰が痛く……。将来は80年代に取得した双発飛行機免許使って「空飛ぶクルマ」で移動?

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像

×