【わずか8時間で356台の先行予約】トヨタGRヤリス 特典もゴージャス 申し込み方法は?

公開 : 2020.01.11 08:59  更新 : 2021.03.05 18:45

AUTOCAR JAPANの独自取材によって、東京オートサロン2020で発表されたトヨタGRヤリスは、発表からわずか8時間で356台の先行予約がありました。先行予約の特典も魅力。申し込む方法を探ってみました。

東京オートサロン初公開 同時に先行予約受付

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

新型車GRヤリスは1月10日午前10時、東京オートサロン2020のトヨタブースにて世界初公開された。

WRCに学び、WRCで勝つためTMR(トミ・マキネン・レーシング)とのコラボレーションによって一から開発されたスポーツカーシリーズ「GR」のオリジナルモデルである。

トヨタGRヤリス 撮影:加藤博人
トヨタGRヤリス 撮影:加藤博人    加藤博人

GRヤリスはWRCのホモロゲーションモデルとなるため、年間2万5000台の生産を行う必要がある。

実際の販売開始は2020年夏ごろの予定だが、公開と同時に1月10日(金)の10時00分から6月30日(火)までの約6か月間、ウェブ限定で先行予約の受付が開始された。

設定されるグレードは、
・特別仕様車RZ「First Edition」(車両本体価格396万円(税込))
・RZ「High-performance・First Edition」(同456万円(税込))
の2種となる。

価格は2020年1月現在の参考予定価格で今後予告なく変更される場合もあるとのこと。オプション価格など詳細な情報は2020年夏頃正式な発表が行われる。

AUTOCAR JAPANの独自取材によって、これら2種のGRヤリスは発売開始からわずか8時間で356台の受注があったことがわかった。

RZ「First Edition」が72台、RZ「High-performance・First Edition」284台で、圧倒的にハイパフォーマンスが多い。

先行予約の特典も魅力 申し込むには

356台の受注と書いたが、正確には「先行予約の受付」である。

先行予約を行う場合には最初にデポジット(10万円)が必要となる。

トヨタGRヤリス 撮影:加藤博人
トヨタGRヤリス 撮影:加藤博人    加藤博人

この10万円は成約した場合には全額返却されるが、申し込み後(商談後)にキャンセルした場合には、返金手数料(5000円)を差引いた金額(9万5000円)が返金される。

つまり、先行予約をして商談は行ったものの、購入に至らなかった場合は5000円のみがキャンセル料として差し引かれるということだ。

トヨタ自動車からの案内によると、「7月から先行予約順に商談が開始されるとのことで、先行予約したお客が指定した販売店での商談を条件」としている。その後、成約順の生産となる模様。

流れとしては
1 ガズーショッピングのサイトにて(トヨタ/レクサスの共通ID取得が必要)デポジット10万円を入金
2 商談を希望する販売店を選択
3 クレジットカード情報を入力し注文
4 2020年7月以内に商談を行う(必須条件)

なお、引っ越しなどで転居する場合は希望する販売店の変更ももちろん可能である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事