【最高のハイブリッドSUVは?】ホンダCR-V vs トヨタRAV4 vs スバル・フォレスター vs レクサスNX 前編

公開 : 2020.02.08 05:50  更新 : 2021.01.28 18:33

日本製ハイブリッドSUV

この4台を集めたのは、フォルクスワーゲンによる排ガス不正問題の余波を受け、この幅広い人気を誇るクラスでも、ハイブリッドがすぐにディーゼルに替わる主力モデルとなり得るのかどうかを見極めるためだった。

さらに、いまだディーゼルが主役のこのカテゴリーが、真の変革期を迎えているのかにも興味があった。

最高のハイブリッドSUVは誰だ?
最高のハイブリッドSUVは誰だ?

ハイブリッド技術はすでに十分な存在感を放っているというかも知れないが、だからこそ、われわれは3つのことが知りたいのだ。

全方位に渡ってもっとも魅力的なのはどのモデルなのか?

その価格を正当化することはできるのか?

そして、ハイブリッドSUVは真のファミリーカー足り得るのだろうか?

今回集まったのは、トヨタRAV4スバルフォレスターレクサスNX、そしてホンダCR-Vの4台だが、これで日本製ミッドサイズ・ハイブリッドSUVが勢ぞろいしたという訳ではない。

三菱にはプラグインハイブリッドのアウトランダーがあり、日産からはひとクラス下だが新型キャシュカイのハイブリッドモデルが来年登場する予定だ。

そして、欧州勢は完全に日本メーカーの後塵を拝している。シトロエンからプラグインハイブリッドのC5エアクロスが登場したのはつい最近のことであり、プジョー5008 PHEVの登場は今年後半まで待つ必要がある。

さらに、アウディQ5ハイブリッドやマカン・ハイブリッドといったプレミアムモデルであれば、今回集まった4台とコスト面で競合する必要などないにもかかわらず、その登場までには時間を要している。

結局、手ごろな価格で購入可能なディーゼルに替わる選択肢というのは今回集まった4台なのだ。

まずはレクサス

発売順で紹介するなら、締め上げられたサスペンションを持つFスポーツが今回用意されたレクサスNXがトップバッターとなるが、このクルマが4台のなかで圧倒的に古い登場6年目のモデルだなどとは思えないだろう。

特徴的なデザインを与えられたこのクルマは、もっともスタイリング上の魅力を備えた(もしくは差別化した)モデルと言えるが、4万2500ポンド(608万円)という価格を考えればそれも当然かも知れない。

最高のハイブリッドSUVは誰だ?
最高のハイブリッドSUVは誰だ?

このレクサスはスバルとホンダよりも約4000ポンド(57万円)、トヨタよりも5000ポンド(71万円)ほど高価なプライスタグを掲げているのだ。

別の言い方をすれば、今回集まったなかでRAV4のトップモデルを選んだ場合、他を大きく引き離すWLTP基準で17.0km/Lという燃費性能により、この差額で6万8000km分のガソリンを購入することが出来る。

だが、この価格だけがレクサスの問題という訳ではない。

NXには常に妥協が付きものだが、それはこのクルマのクーペ風のキャビンが感じさせる快適性を損なうには十分な、低速における荒れた乗り心地だけが理由ではないのだ。

かつては最先端だったものの、いまや物足りなささえ感じさせる2.5Lアトキンソンサイクル・ガソリンエンジンはCVTを介して電気モーターと連動しており、モーター単独でのリア駆動も可能だが、われわれがハイブリッドを好きになれない理由である不自然さが際立っている。

速度はCVTがコントロールし、エンジンは走行状態に関係なくもっとも効率の高い回転数を維持するよう制御されていることがその原因だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ホンダの人気画像