【好調】トヨタ・ヤリス、1か月で約3万7000台の受注 月販目標の5倍 人気グレード/装備は?

公開 : 2020.03.10 15:38  更新 : 2021.01.28 16:42

新型車トヨタ・ヤリスの受注台数は、2月10日の発売から1か月にあたる3月9日時点で約3万7000台となり、月販目標(7800台)の約5倍。低重心のデザインや、最新の「安全・安心装備」などが好評のようです。

ヤリス、1か月で月販目標の5倍

新型車トヨタヤリスの受注台数は、2月10日の発売から1か月にあたる3月9日時点で約3万7000台となり、月販目標(7800台)の約5倍となった。

トヨタは「好調な立ち上がりとなっている」と表現する。

新型トヨタ・ヤリスは、新しいTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用する。
新型トヨタ・ヤリスは、新しいTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用する。

特に、新しいTNGAプラットフォーム(GA-B)の採用により実現した低重心のデザインや、最新の「安全・安心装備」などが好評だという。

受注したトヨタ・ヤリスの主な特徴

どんなグレードが人気?

グレード別の受注実績は、Zグレード、Gグレードともに約30%。ハイブリッド車の内訳は約45%。

装着率の高いメーカーオプション

・「バックガイドモニター」が約70%(ハイブリットZ、ハイブリッドGは標準装備)

「高度駐車支援システムは、非常に手際よく入庫する。白線のない駐車枠を登録できるのは世界初」とAUTOCAR JAPANのプロトタイプ試乗で、今尾直樹が感想を述べている。
「高度駐車支援システムは、非常に手際よく入庫する。白線のない駐車枠を登録できるのは世界初」とAUTOCAR JAPANのプロトタイプ試乗で、今尾直樹が感想を述べている。

・インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ(静止物))が約50%(X「Bパッケージ」、MT車除く)

・ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートアラート(パーキングサポートブレーキ(後方接近車両))+インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ(静止物)」が約30%(X「Bパッケージ」、MT車除く)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ ヤリスの人気画像