【アウディ・クワトロとランチア・デルタ】ラリーで鍛えた高性能マシン 後編

公開 : 2020.04.26 16:50  更新 : 2020.12.08 11:05

速度と回転数を感じ取れる生々しさ

ブラッドリーの話し通り、目一杯のアタックを試みる。突然につながるクラッチと、軽い変速フィールが不思議なコンビネーション。操作系の設計は、整然としているとは少々いいにくい。

クルマの状態を教えてくれる、アナログメーターが8個も並ぶメーターパネル。モモ製のステアリングホイールが、スピードとタコメーターを隠すように伸びる。クルマの生々しさで、メーターを見ずとも、どのくらいの速度と回転数なのかを感じ取れる。

ランチア・デルタHFインテグラーレ 8V
ランチア・デルタHFインテグラーレ 8V

ツイン・バランサーシャフトを備えた直列4気筒は上質に回転するが、音響的に楽しめるものではない。アクセルレスポンスはアウディより柔らかい。

クワトロと違ってデルタのステアリングは、切り始めの優れた感度を持たないことに驚いた。操舵感はソリッドで、タイヤが接地している感触は得られる。手応えはしっかりあるから、走り始めてすぐに、フロントタイヤを信じて攻めた運転ができる。

ボディロールは抑え込まれている。速めのスピードでタイトコーナーに突っ込んでも、外へは膨らみたがらない。出口でスロットルを踏み込む。充分に力強く、クワトロより0-96km/h加速が0.1秒鋭いことを示すようだ。

中回転域では、アウディよりパワフルなインテグラーレ。高回転域まで勢いが続かないのが残念だ。それを味わうには、16バルブが必要なのだろう。

そのかわりブレーキングは強力。ペダルを踏み込んだ感覚はしっかりしており、元気な子象を操るのに不足ない。

頭ではアウディ、心ではデルタ

今も活発な2台だが、毎日乗れるクラシックとしてデルタを選ぶには、困難にも立ち向かえる相当な勇気が必要となる。クワトロ以上に。

デルタは英国や日本のように、変化の大きい気候でも対応できるクルマだし、リアドアとテールゲートは、実用的で家族にも優しい。故障に悩み、家族に毛嫌いされるまでは。

ランチア・デルタHFインテグラーレ 8V
ランチア・デルタHFインテグラーレ 8V

防錆処理が甘く、電装系も怪しいランチア・デルタ。変化に富んだカーライフを味わえるかもしれないが、英国で乗るなら、筆者はアウディ・クワトロの方が正しい選択に思える。

あるいは両方所有すれば、悩みも解消するかもしれない。日常的に乗って愉しむクワトロと、週末を謳歌するデルタ。車両価格を考えると、10年くらい前までなら、それも叶えられただろう。

しかし、もはや難しい。エドワーズが6500ポンド(87万円)で購入したというアウディ・クワトロだが、今なら4万ポンド(540万円)はくだらないだろう。ブラッドリーの8バルブのデルタHFも、2万5000ポンド(337万円)はする。

かつては路面を問わない全天候対応マシンだったが、今となっては特別な時間に浸るためのクラシックモデルだ。比べるほどに両車の誘惑は強い。

頭ではアウディと考えるが、心はランチアを選ぼうとする。筆者はデルタに乗って、喜怒哀楽を楽しむ方に強く惹かれるのだった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事