【新型ディフェンダー開発の舞台裏】5人の重要人物にインタビュー 後編

公開 : 2020.05.10 18:50

エミリー・グリーンハウ:インテリア&ボディ・イノベーション・マネージャー

素晴らしいチャンス 未来とはディフェンダー

2013年当時、エミリー・グリーンハウは、ニック・ロジャースから2週間でランドローバーブランドの未来に向けた新たなアイデアを考え出すというミッションを与えられた新卒エンジニアのひとりに過ぎなかったが、これが素晴らしいチャンスをもたらすことになったと彼女は言う。

「ニックは別のプロジェクトに対応しなければならなかったので、われわれが彼のオフィスを使えるようになったのです」と、グリーンハウは話す。

エミリー・グリーンハウ:インテリア&ボディ・イノベーション・マネージャー
エミリー・グリーンハウ:インテリア&ボディ・イノベーション・マネージャー

「彼はわたし達に、『ランドローバーに新たなエネルギーをもたらすことが出来るのは君たちだけであり、これまでの延長線上に未来はない』と言ったのです」

「すぐにその未来とはディフェンダーのことだと分かりました。そして、どうやってシリーズ1からの伝統を活かすべきかを考えました」

「わたし達に求められていたのは新たな思考と革新であり、すでに市場に存在しているようなモデルを創り出すことではありませんでした」

グリーンハウと彼女のチームは、1948年に誕生したシリーズ1だけでなく(ロジャースは自身が所有するシリーズ1を彼らに体験させている)、トラクターや消防車、さらには(外装パネルの取り付け方法を学ぶため)ロータスのスポーツカーまで参考にしている。

関連テーマ