【あぁ、もう一度会いたい……】華麗に花咲いたアメ車大型ステーションワゴン 4選

2020.07.26

サマリー

ステーションワゴンという、名称そのものを、最近あまり聞かなくなりました。原因はいうまでもなくSUVの台頭でしょう。80年代、バンやワゴンをファッションで使うトレンドを、アメ車にフォーカスして振り返ります。

もくじ

最近あまり聞かないステーションワゴン
定番ワゴンはフォード・トーラス
レトロ戦略からの派生 衝撃の登場
なんと日本版ハリアーに転換?

最近あまり聞かないステーションワゴン

text:Kenji Momota(桃田健史)

ステーションワゴンという、名称。最近あまり聞かなくなった。

原因は、ワゴンっぽい使い勝手ができるSUVの台頭だろう。

GMシボレーの4代目「カプリス」
GMシボレーの4代目「カプリス」    shutterstock

そもそもワゴンとは商業向けが主流だ。乗用車では長年、セダンが主流であり、スポーティな2ドアクーペとの2本立て。

そこに、廉価な商用バンやワゴンもラインナップ、といった位置付けだった。

それが80年代になり、バンやワゴンをアウトドア向けの多目的車として扱うトレンドが生まれた。

商品名としては、ステーションワゴン、エステートワゴン、またドイツではコンビという呼ばれ方もした。

日米欧で、こうしたワゴンが増えていったが、日本でも多くの人が強く印象に残っているのが、GMシボレーの4代目「カプリス」ではないだろうか。

先代までの角ばったボディスタイルから一変。丸みを強調したボリューミーエクステリア。荷室とリアハッチのガラス面積が極端に大きく感じられる。

セダンとはまったく別モデルに見えるほどの強烈なインパクトがあった。

さらに、サスペンションを改良して車高を落としローダウン化すると、クーペっぽい独特な雰囲気を醸し出し、日本でも並行輸入車で人気を博した。

本来は大衆ブランドであるシボレーの中で、カプリスワゴンは異例の人気となった。

 

人気記事