【英国のクラシック博物館】懐かしのトヨタ車 初代RAV4、レクサスLFAも

公開 : 2020.09.22 16:50  更新 : 2021.01.28 18:33

トヨタとレクサスの歴史的なモデルを修復、保管する施設が英国にあります。1994年のRAV4からレクサスLFA、初代MR2などさまざまなクラシックモデルを展示中。AUTOCARはRAV4に試乗しました。

若者向けのライトな4×4

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

1994年5月、英国では歴史的な出来事がいくつも起きた。

芝生の上ではマンチェスター・ユナイテッドがFAカップ決勝でチェルシーを4-0で破り、海の中では英仏海峡トンネルが開通。そして陸の上では、トヨタが史上最も大胆なモデルの1つであるRAV4を発売したのである。

トヨタRAV4
トヨタRAV4

兵士よりもサーファーのことを考えてデザインされた、曲線的で風変わりな4WD車、RAV4。古風なジープラングラーランドローバーディフェンダー、そしてトヨタ自身のランドクルーザーのファンにとっては冒涜とも言えるモデルかもしれない。

しかし、RAV4は彼らのために作られたのではない。サーフィンやハイキング、登山が好きな若者のために作られ、現代のクロスオーバーの基礎を築いたのだ。

AUTOCARが初めて英国でRAV4を運転したのは、1994年にフォード・エスコートRS2000と並んで行われた比較テストの時だった。奇妙な組み合わせのように思えるが、2台はそれぞれコンパクトなファミリーカーとして、4輪駆動とスポーツ性を備えていた。

エスコートがパワーの面で優位に立っていたものの、RAV4は約65kgも軽量だった。それに、RAV4が登場したときはまだ、日産ジューク、フォード・ピューマ、シュコダ・カロークといったライバルは存在しなかったのだ。

RS2000のようなホットハッチは一般のドライバーが保険をかけることがほとんど不可能になっていたし、ラングラーやランドローバー・ディスカバリーのような従来型のオフロード車は日常的な使用には不向きで、燃費も悪かった。

現代のクルマにはない魅力

RAV4が登場したことで、新しいニッチが開拓された。RAV4は本質的に両セグメントの間に位置し、使いやすさ、楽しさ、手頃さを提供していた。

RAV4は特に速いわけではなかったが、AUTOCARのテストで証明された8.8秒という0-100km/hのタイムは、ラリーで鍛えられたエスコートに恥をかかせるには十分だった。

新車のように美しい状態のRAV4。
新車のように美しい状態のRAV4。

今改めてハンドルを握ってみると、この丸みを帯びた小さな4×4が持つパフォーマンスは、かなり控え目だということに気付く。

賑やかな3気筒ターボやトルクのあるディーゼルエンジンを搭載している今日のスポーティなコンパクトSUVと比べると、RAV4の自然吸気2.0Lエンジンは少し根性が足りないように感じられるし、アイドリング時のゴロゴロという音は、ビーチというよりはむしろ納屋を連想させる。

しかし、ギアを上げていくと、RAV4の永続的な魅力がどこにあるのかが明らかになる。誰もいない平坦な郊外の道でさえ、今日のコンパクトモデルにはしばしば欠けているクロスオーバーの本質を思い出させる。

RAV4の堅実さは確かにそこにあり、オフロード性能もライバルとは一線を画す。これまでに製造されたRAV4の約90%がいまだに走行可能なのも不思議ではない。

車内はグレーのプラスチック、黒のビニール、鈍重なマニュアルなど、今日の基準では刺激的とは言えないが、その正直さにはある種の魅力がある。ノスタルジックな決まり文句にはまることなく、今のクルマよりもはるかに直感的にレイアウトされている。

その気取りのなさは、不朽の人気と相まって、今公道を走っていても、誰も立ち止まってじっと見たり、声をかけたり、SNS用の写真を撮ろうとしたりしない理由となっている。これは、内向的な人にとって理想的な準クラシックカーだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ RAV4の人気画像

×