【実車で感じるGT-Rとの差】日産フェアレディZ新型 あくまでもスポーツカー 気になるのは「パワー感」

2020.09.30

サマリー

日産フェアレディZ新型。同じ日産のGT-Rとの根本的な違いを見つめます。また実写を見つめることで、ウエスト部分のキャラクターラインが細いことなどが影響して、画像では面の張りが伝わりにくいともいいます。

もくじ

新型フェアレディZ 横浜で実車確認
漫画制作で実感 GT-Rはスーパースポーツ
新型Zと初対面 正真正銘Zと言える
新Z ドライバーの感性に訴えるものは

新型フェアレディZ 横浜で実車確認

text:Kenji Momota(桃田健史)

2021年発売予定の新型「フェアレディZ」

「ほぼ量産型」と日産がいうフェアレディZプロトタイプが登場し、メディアやSNSでは様々な意見や感想が発信されている。

日産フェアレディZプロトタイプ(上)/マツダ・ロードスター(下)
日産フェアレディZプロトタイプ(上)/マツダ・ロードスター(下)    日産

オンラインでの記者発表が行われたのが、2020年9月16日。

その後、筆者はフェアレディZプロトタイプの実車を見る機会がなかったため、9月末に横浜みなとみらいにある期間限定イベント施設「日産パビリオン」を訪れ、初めて実車を確認した。

日産パビリオンは10月23日まで開催しており、フェアレディZプロトタイプの展示は10月4日までだ。

日産パビリオン訪問の前、そこから徒歩3分ほどの距離にある日産本社ギャラリーに入った。

すると、ステージ上には日本では未発売のインフィニティ最新モデル「QX60モノグラフ」の姿。その斜め前には、2021年発売予定の新型EV「アリア」がある。

そして、総合受付窓口とテストライド(新車公道試乗)受付の前には、現行GT-R(R35)と現行Z(Z34)が並んでいる。

日産が誇るスポーティモデルの2台。改めて、座り比べてみた。

Z34に乗り込んでまず感じたのは、2シータースポーツカーらしさだ。外観では、フロント周りがボリューミーな印象があるが、車内ではそうした大柄さは感じず、キュッと引き締まった空気感がある。

一方のGT-Rは、Zとかなり違う雰囲気だ。

 

人気記事