【アルファードが1万台】9月の自動車販売ランキング ヤリス・シリーズが首位、Nボックスを上回る

公開 : 2020.10.07 06:50  更新 : 2021.01.28 17:10

9月の国産車の販売台数ランキングです。軽・登録車の合計台数で、王者「Nボックス」が首位陥落。トヨタの「ヤリス・シリーズ」が2万台超えの好結果でトップに。「アルファード」も大台を突破しました。

もくじ

アルファード、前年比60%プラス
CX-30好調 MX-30にも動き
登録・軽の合計 Nボックス首位陥落

アルファード、前年比60%プラス

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、2020年9月の新車販売の車名別ランキングを発表した。

登録車に関しては、新型車を核に販売を伸ばした。

5月に発売されたアルファードの特別仕様車「Sタイプ・ゴールド」(424万円~504万円)。
5月に発売されたアルファードの特別仕様車「Sタイプ・ゴールド」(424万円~504万円)。

トップに立ったのは8月31日にSUVモデルのヤリス・クロスを、9月4日にGRヤリスを発売したトヨタ・ヤリスで、唯一2万台オーバーの2万2066台を販売。3か月連続での首位につく。

続く第2位には、5月から6月にかけて特別仕様車の G-Xプラス/ツーリング2000リミテッドを発売して前年同月比22.9%増(1万3579台)を成し遂げたトヨタ・カローラが、1ランク・アップで位置。

第3位には、1万3077台を販売したトヨタ・ライズが1ランク・ダウンで入った。

また、第4位には同60.0%増(1万436台)を記録したトヨタ・アルファードが登場。

第5位には6月に新型に切り替わって同130.8%増(8979台)を記録したトヨタ・ハリアーがランクイン。

前月第4位のホンダ・フィットは、同25.1%増ながら8922台にとどまって第6位に陥落し、結果として上位5車種をトヨタ車が占めることとなった。

CX-30好調 MX-30にも動き

トップ6以外の話題の新型車の動向を見ていこう。

タイ工場での生産および日本への輸入を再開した新型コンパクトSUVの日産キックスは、3493台を販売して第19位に。

 マツダは、CX-30とマツダ2が好調。これに、今秋発売というMX-30が加わるとどのような結果になるか注目が集まる。
マツダは、CX-30とマツダ2が好調。これに、今秋発売というMX-30が加わるとどのような結果になるか注目が集まる。

昨年11月に発売したトヨタ・ライズの兄弟車のダイハツ・ロッキーは、月販目標の2000台を上回る3352台を達成して第22位に位置。

また、SKYACTIV-X搭載車やシグネチャー・スタイルの設定で新鮮味を維持するマツダCX-30は、前年同月比363.3%増の2905台を売り上げて第25位に。

増産体制に入ったスズキ・ジムニー・シエラは同99.6%増(1661台)を成し遂げて第37位にランクインする。

そして、今秋に発売を予定する新型コンパクトSUVのマツダMX-30が、デモカーなどの新規登録もあって648台を記録して第50位に入った。

一方で軽自動車については、スーパーハイトワゴンの隆盛が従来と同様に目立った。

登録・軽の合計 Nボックス首位陥落

軽自動車で首位に立ったのはホンダNボックスで、前年同月比34.6%減ながら1万8630台の販売を成し遂げて、10か月連続でのトップに君臨する。

続く第2位には、8月のマイナーチェンジ後にマイナス幅を一気に縮めたスズキ・スペーシアが、同1.0%減(1万5592台)を記録して前月と同順位に位置。

ヤリス・シリーズを成す小型SUVのヤリス・クロス。ハッチバック・モデルと合わせて2万2066台を9月だけで販売し首位に立つ。
ヤリス・シリーズを成す小型SUVのヤリス・クロス。ハッチバック・モデルと合わせて2万2066台を9月だけで販売し首位に立つ。

第3位には、同45.6%減ながら1万1897台を達成したダイハツ・タントが、やはり前月と同順位で入る。そして第4位には、3月に登場した日産ルークスが、1万736台を販売して2つ順位を上げてランクインした。

注目モデルの動きを見ていこう。生産を再開して受注残の解消を図るホンダNワゴンは、前年同月比323.2%増(8977台)を記録して第6位に。

1月に新型に切り替わったスズキ・ハスラーは、同12.3%増(7757台)を達成して第7位に位置。

6月の発売から1か月で月販目標4000台の約4.5倍となる約1万8000台の受注を成し遂げたダイハツ・タフトは、今月は6873台を販売して第10位にくい込む。

また、増産体制に入ったスズキ・ジムニーは同51.6%増の4704台を売り上げて第13位にランクインした。

なお、登録車と軽自動車を合わせた車名別ランキングのトップ5は、トヨタ・ヤリスが初の首位となり、9か月連続でトップを維持していたホンダNボックスが第2位に陥落。

そして、スズキ・スペーシア、トヨタ・カローラ、トヨタ・ライズの並びで後に続く。

また、2020年度上半期(2020年4月~9月)の車名別ランキングは、ホンダNボックス、トヨタ・ヤリス、スズキ・スペーシア、トヨタ・ライズ、トヨタ・カローラの順になった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事