【インド横断2700km】58年前のヒンドスタン・アンバサダー 予想外に楽しいドライブ 前編

公開 : 2020.11.07 07:20  更新 : 2020.12.08 08:40

急成長を続けるインドですが、少し前の国民車といえば、ヒンドスタン・アンバサダー。モーリス・オックスフォードをベースとし、2014年まで生産されていました。58年前のアンバサダーで敢行した、インド横断旅行をご紹介します。

もくじ

インド・ビッグ3の1社、ヒンドスタン
クルマの寿命が短いインドの過酷な環境
スペアパーツを持ってインド入り
ホテルの駐車場で重点的な点検・整備
トランスミッションも電気系統も修理

インド・ビッグ3の1社、ヒンドスタン

text:Sam Glover(サム・グローバー)
photo:Sam Glover(サム・グローバー)/Ed Hughes(エド・ヒューズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
計画を言葉にすると単純。1960年代のヒンドスタン・アンバサダーMkIをインドの西海岸で手に入れ、走れる状態に直す。自走でインドを横断し、東海岸へ向かう。そこから英国へ、船で運ぶ。

筆者にとって、インドは自動車旅行をしたいと思ってきた土地の1つ。友人のエド・ヒューズと、パブでよく話題に上がる場所だった。現実させようと決意したものの、実行までには半年もの時間を要した。

ヒンドスタン・アンバサダーMkI(1957年〜1962年)
ヒンドスタン・アンバサダーMkI(1957年〜1962年)

英国の植民地状態にあったインドが、独立したのは1947年。ライセンス・ラージという規則で、インドへクルマを輸入すると、高い関税が掛かるようになった。インド国内の企業との提携が、海外企業にとっては市場参入の近道だった。

自動車の普及とともに、国外の自動車ブランドが次々にインドへ進出。英国モーリスと提携したヒンドスタン、英国のスタンダードによる現地のスタンダード、クライスラーと手を組んだプライマーという3社が、インドにおけるビッグ3になった。

例えば、ヒンドスタン・コンテッサというクルマは、ヴォグゾール・ヴィクターのボディに、いすゞ製のエンジンが載っていた。ローバー3500などが属するSD1シリーズは、スタンダード製の4気筒エンジンを積み、スタンダード2000として売られた。

閉鎖的な市場の中で、時代遅れのクルマが作られ続けた。1980年代に入り経済の自由化が進み、輸入車が流入するまで。

クルマの寿命が短いインドの過酷な環境

風変わりな旧車好きにとっては、絶好の中古車市場にも見える。だが環境は激しい。高い気温と湿度、砂埃、過酷な交通事情がクルマの劣化を早める。マッド・マックスに出てきそうな無骨なバスも、10年以上の走行に耐えることは珍しいという。

経済成長も著しく、古いクルマは容赦なくスクラップになり、鉄塊に溶かされる。年代物のクルマがあっても、無数の修理を受けている。

ヒンドスタン・アンバサダーMkI(1957年〜1962年)
ヒンドスタン・アンバサダーMkI(1957年〜1962年)

そんなわけで、モーリス・オックスフォードがベースになった、状態の良いヒンドスタン・アンバサダーを見つけるのに数か月を要した。ネットをくまなく検索したが、多少の整備で走行できそうなアンバサダーは出てこなかった。

インドのタクシー乗り場で、クルマを買い付けることも検討した。往年のインドの雰囲気を味わうべく、初期モデルにはこだわった。

売り手とのコミュニケーションも難航。メールの返信はほとんどなく、電話でのやり取りは、言葉の壁が立ちはだかる。そこで交渉人を立てることを決意。友人づてに、プレム・チャンドラという人物を紹介してもらった。

プレムは、ヒンドスタン・アンバサダーに関してはベテラン・オーガナイザー。計画の実現に向けた多彩な能力と、広い知識を備えた紳士だ。

彼とともに決めた出発地点は、インドの西海岸の街、コジコード。プレムの故郷でもある。目的地は東海岸のチェンナイ。電子メールでの問い合わせに丁寧に応じてくれた海運会社、プロカーゴ社の拠点がある。

 

人気記事