【高級ぶらない大型SUV】フォルクスワーゲン・トゥアレグV6 TDIへ試乗 ブラックエディション 前編

公開 : 2021.01.14 10:25

大型SUVの中でも、一歩引いた高級感が魅力のフォルクスワーゲン・トゥアレグ。沢山の荷物を運べる実用性と、レンジローバーに迫る洗練性を評価する英国編集部ですが、上級グレードにはひとことある様子。英国の一般道で評価しました。

もくじ

真っ黒なブラックエディションが追加
選べない装備はないほどオプションは充実
華やかさは控えめでもソリッドなインテリア

真っ黒なブラックエディションが追加

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
高級感のある大型SUVの人気は堅調で、各メーカーがラインナップに据えている。数ある中でも、フォルクスワーゲン・トゥアレグは最も人目を引かないモデルといえるだろう。

そんなトゥアレグに、ブラックエディションが追加された。大雑把にいえば、Rライン仕様を、デザインコンシャスにしたグレードとなる。

フォルクスワーゲン・トゥアレグ V6 TDI ブラックエディション 4モーション(英国仕様)
フォルクスワーゲン・トゥアレグ V6 TDI ブラックエディション 4モーション(英国仕様)

ブラックも指定できる21インチのアルミホイールを履き、ルーフレールやリアディフューザー、ドアミラー、サイドウインドウ・モール、フロントグリル、ヘッドライト・ガーニッシュなどがブラックで統一される。通常はクロームメッキだったり、ボディ色だったりする。

もちろん、ボディ塗装をブラックで仕立てることもできる。これらすべてをコーディネートすれば、とても真っ黒なトゥアレグが完成する。今回の試乗車のように。

英国のテレビ広告で、フォルクスワーゲンはアクティブ・セーフティがテーマの内容を展開している。真っ黒なトゥアレグの場合、暗い夜道や光の具合では発見が難しくなるわけで、皮肉に思えてしまった。

このブラックエディションで選べるエンジンは、2種類。最高出力231psと286psの設定が与えられた3.0LのV6ターボディーゼル、TDIと、339psを発揮する3.0LのV6ターボガソリンとなる。今回の試乗車は、286psのTDIだった。

選べない装備はないほどオプションは充実

プラグイン・ハイブリッド(PHEV)版のトゥアレグRも、2021年中には追加予定。ちなみに現在、トゥアレグは日本へ正規導入されていない。

ブラックエディションを選択すると、アダプティブダンパーと車高調整できるエアサスペンションが標準で付いてくる。トゥアレグ共通で、センターデフをベースとする四輪駆動システムに、8速ATが組み合わされる。

フォルクスワーゲン・トゥアレグ V6 TDI ブラックエディション 4モーション(英国仕様)
フォルクスワーゲン・トゥアレグ V6 TDI ブラックエディション 4モーション(英国仕様)

トゥアレグにはほかにも、LEDマトリックス・アクティブヘッドライトにパノラマサンルーフ、フルゾーン・エアコン、ウィーン・レザー内装などを標準装備する。360度カメラ映像を用いて、クルマの外から俯瞰して眺めるように駐車もできる。

オプションも多彩。ディナウディオ社製のオーディオにヘッドアップ・ディスプレイ、ナイトビジョン・カメラ、四輪操舵システムなどを装備した結果、試乗車は7万ポンド(980万円)を超えていた。それでも、追加できるオプションはまだ残っていたようだ。

マッサージ機能の付いたレザーシートに90Lの大容量燃料タンク、アクティブ・アンチロールバーなど、ほかの高級SUVで選べて、トゥアレグで選べない装備は存在しないかもしれない。

「ベントレー・ベンテイガやポルシェ・カイエンで装備できるものは、トゥアレグでも装備できます。フォルクスワーゲン・グループですから」。と目を輝かせる、フォルクスワーゲンのディレクターを想像してしまう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事