【GTI以上に楽しめる】フォルクスワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツへ試乗 55ps増しで300ps

公開 : 2021.03.06 08:25

GTIからさらに引き締め上げられたサスペンションと、強化されたパワーを獲得したクラブスポーツ。英国編集部が評価しました。

もくじ

走りに一層フォーカスされたゴルフ
バンパーやリアスポイラーなどは専用品
通常のGTI以上に運転を楽しめる
ベスト・ホットハッチへ一歩近づいた
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ(英国仕様)のスペック

走りに一層フォーカスされたゴルフ

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
高性能なファミリーカーの開発現場へ足を踏み入れると、大抵はフォルクスワーゲン・ゴルフGTIの姿を目にすることができる。世界各国、多くの自動車メーカーがベンチマークとして設定しているためだ。

実際、ゴルフGTIは日常的に楽しめるホットハッチとして、何世代にも渡って多くのドライバーから選ばれてきた。ボディの肉付きが少し良くなったり、進むべき道に迷いが見られた時も。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ(英国仕様)

最新の8代目ゴルフGTIでも、それは変わらない。やや過剰に技術が投入されたように感じるけれど。

今回英国で評価するのは、GTIへ追加のパワーが与えられ、走りに一層フォーカスされたゴルフ。それでいて、普段使いできる乗りやすさも忘れていない。

目新しいことではない。先代のクラブスポーツSには、リアシートが備わっていなかった。それでも乗り心地は悪くなく、日常生活に馴染めるクルマだったと思う。

最新8代目ゴルフにもクラブスポーツが追加されたが、5ドア・ボディがベースで、リアシートは残されている。ルノー製ホットハッチの高性能版なら、今でも運転席の後ろ側がカーペットと補強材で専有されるところだ。

ゴルフGTI クラブスポーツでは、最高出力をGTIから55ps、最大トルクは3.0kg-mほど増強。クラブスポーツ用のターボを組み、冷却系を見直すことで、2.0L 4気筒ガソリンから300psと40.7kg-mを獲得している。

バンパーやリアスポイラーなどは専用品

ホンダ・シビック・タイプRやルノー・メガーヌR.S.へ意識が向かってしまうドライバーを、ぐっと引き止めるのにも充分だろうう。トランスミッションは7速デュアルクラッチATで、ファイナルレシオが落としてある。駆動輪は前輪のみ。

電子制御される機械式リミテッドスリップ・デフも搭載。サスペンションは通常のGTIより10mm車高が下げられている。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ(英国仕様)

見た目上の違いも、多くはないが各所に施される。クラブスポーツのエンブレムは貼られないものの、バンパーのエアインテーク・デザインが異なり、リアスポイラーやサイドシルなども専用品。ボディサイドにはストライプも入る。

試乗車の場合、英国では785ポンド(11万円)のオプションとなるアダプティブ・ダンパーと、825ポンド(12万円)の19インチ・アルミホイールも装備されていた。

凍えるように寒い日の試乗となったが、電気自動車と違って、気温に関係なく480kmの航続距離が得られる点はやはりうれしい。着座位置は低く、ステアリングホイールの調整域も広い。筆者にもぴったりなドライビング・ポジションをすぐに探せる。

これだけでぐっと気分が良くなる。だが、薄暗い時間帯にエアコンの温度を変えたり、走行中にタッチモニターを触れようとすると、ちょっとつまずく。

ゴルフといえば、卓越した人間工学も売りの1つだったはず。実際に押せるボタンは、もっと車内にあった方が良い。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事